キレイと元気の素になる ホルモンとは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし 梅雨明け前だというのに、猛暑ばりの暑さ。夏の兆しにおののいているぐうたらライターのいしまるこです。

 

 

根来  こんにちは根来です。6月はずっとボストンに滞在していたので、
梅雨のことをすっかり忘れていました。

 

 

いし なんだかカッコいいな〜。さてさて根来先生、みなさまお待ちかねの
カラダ年齢若返りのための新連載、血管に続き第2弾のテーマは何ですか?

 

 

根来 ハイ。「ホルモン年齢を若く保つ!」です。
アワエイジではアンチエイジングホルモン講座を連載しましたが、今回はさらに詳しくホルモンについてお伝えしていきます。
早速ですがいしまるこさん、そもそもホルモンて、なんだかわかります?

 

 

いし はっ、改めてそう聞かれるとなんだっけ???

 

 

根来 ホルモンは全身をかけめぐり、体が上手く機能するようにサポートしている化学物質です。体内で日夜生み出されているんですよ。

 

 

いし ふむふむ。どれくらいの種類があるんですか?

 

 

根来 実は100種類以上もあるんです。

 

 

いし そんなにあるんだ。いったい、体のどこから出るんですか?

 

 

根来 ホルモンを分泌する内分泌細胞は、体のあちこちに存在して、それぞれ特定のホルモンを血液中や体液中に分泌するんです。

 

 

いし 分泌されたホルモンはどうなるの?

 

 

根来 血液や体液にのって全身を循環し、遠く離れたさまざまな器官で
働きます。ところで、私たちの体を構成する細胞はどれくらいあるか
ご存知ですか?

 

 

いし えっと、60兆個くらいですよね。

 

 

根来 そうですね。これらの膨大な数の細胞は、ホルモンと自律神経によって統率されているんです。つまりホルモンは体の二大制御機構の一つ。
無意識のうちに体を動かし、メンテナンスして、体内環境を一定に保つ役目を果たしているのです。

 

 

いし なるほど〜。

 

 

根来 エネルギー代謝や体の発育、生殖機能の維持など、生きていくうえで
不可欠な役割を担い、精神的ストレス、外傷、感染などに対する防御反応にもかかわっています。

 

若さと健康は、ホルモンによって保たれている

 

といっても過言ではありません。

 

 

いし ホルモンさまさまですね!

 

 

ホルモンの詳しい働きについては、次のページへ!

根来先生の爽やかスマイルも!

第9回
キレイと元気の素になる ホルモンとは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top