ホルモンは脳に支配されている!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは、ぐうたらライターいしまるこです。引き続き、
ハーバード大学医学部教授・根来秀行ドクターに、「ホルモン年齢を若く保つ!」ために、知っておくべきホルモンの基礎知識を教えていただきますよ。

 

 

根来 こんにちは根来です。早速ですが、問題です。
ホルモンの司令塔はどこにあるでしょう。

 

 

いし それは脳ですよね。たしか視床下部!

 

 

根来 ピンポン! 間脳にある視床下部です。
視床下部は血液中のホルモン濃度を常に監視して、ホルモンを必要とする事態が発生すると、すぐ下にある脳下垂体を刺激し、ホルモン分泌を促します。

 

 

いし そして脳下垂体から各器官に指令がくだる?

 

 

根来 その通り。脳下垂体は、卵巣、甲状腺、副腎皮質といった特定の器官に指令を伝え、ホルモンが分泌されるのです。

 

 

いし ホルモンの分泌量はどのように調節されているの?

 

 

根来 たとえば、ホルモンの量が過剰になると、「多すぎる」との情報が
視床下部や脳下垂体にフィードバックされ、分泌が抑制されます。
こうして、ホルモン濃度は正常に保たれます。

 

 

いし よくできてますね〜。

 

 

根来 女性ホルモンを例にとってみてみましょう。

 

血液中の女性ホルモン濃度が不足しているという情報を視床下部がキャッチ
すると、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌。その刺激によって、卵巣から女性ホルモンが分泌されます。

 

女性ホルモンの分泌が過多になると、血液中の女性ホルモン濃度が上がり、脳が性腺刺激ホルモンの分泌を抑制します。このようなフィードバックシステムにより、毎月の生理周期が繰り返されるわけです。

 

 フィードバックシステムとは!?

第11回
ホルモンは脳に支配されている!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top