成長ホルモンを促す「適度3カ条」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし 暑さが厳しゅうございますが皆様方ますますご健勝のことと存じ、
お喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうござい……。

 

 

根来 あれあれいしまるこさん、時候の挨拶例文丸パクリ?
さては夏バテですか?

 

 

いし うっ、根来先生。不肖ライターいしまるこはこの蒸し暑さにやられ、
ホルモン力が急降下。ぐうたらに拍車がかかっておりまする。

 

 

根来 それは困りましたね。ホルモン力UPの生活術を伝授してさしあげましょう。初回はおなじみ「成長ホルモン」ですよ。アンチエイシグホルモン講座でも第1回から取り上げていますが、覚えていますか?

 

 

いし オフコース! 睡眠中の新陳代謝をサポートするメンテナンスホルモンですよね。

 

 

根来 That’s right! 残念ながら大人の場合、睡眠中の成長ホルモンを激的に増やすことはできません。しかし、睡眠中以外にも成長ホルモンの分泌をアップさせる秘訣が3つあります。

 

 

いし ティーチミー、プリーズ!

 

 

根来 First, 適度な空腹。
満腹状態が続くと成長ホルモンが分泌されないのです。

 

 

いし 適度に空腹になると、成長ホルモンが分泌される?

 

 

根来 Yes。通常、食べたものは食後3〜4時間で消化されるため、その後が空腹タイムになります。

 

 

いし 適度な空腹タイムってどのくらい?

 

 

根来 食事と食事の間を5時間程度あけるくらいが適度です。

 

 

いし 空腹時間が長過ぎても逆にストレスになっちゃいますもんね。

 

 

根来 そうなんですよ。間食を控え、規則正しく三食食べてくださいね。

 

 

いし オーライ!

 

 

 

気になる、残りの2つとは……!?

第12回
成長ホルモンを促す「適度3カ条」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top