快楽ホルモンの増やし方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。
前回根来教授に教えてもらった、「適度3カ条」を守って成長ホルモンを促し、夏バテから脱出しつつありますよー。

 

 

根来 それはよかったですね!

 

 

いし とはいえまだまだ暑いし、 なんかもう、気持ちが萎えちゃって、いろんなことがめんどくさいんですよね〜。

 

 

根来 では今回は、仕事や身の回りのことを効率的かつ楽しくこなしていくために、快楽ホルモンを出す生活術を伝授しましょう。

 

 

いし いいですねぇ〜。 快楽、大好物!
快楽ホルモンといえば、「脳内麻薬」とも呼ばれるドーパミンですか?

 

 

根来 ご名答。楽しい体験、うれしい体験にはドーパミンが関係しています。
ドーパミンが低下すると体が固縮し、やる気が失せ、喜びを感じなくなります。

 

 

いし ドーパミンが不足すると何をするにも億劫になりそう。

 

 

根来 まさにそうで、物事に対する関心が薄れるんです。世の中で何が起きていても「どうでもいいや」という感覚になります。ハーバード大学の動物研究でも、ドーパミンが出ない状況にすると、それ以前に好んでいたことをやめてしまうことが確認されています。
また、うつ病やパーキンソン病など、深刻な病気の発症にもつながることも。

 

 

いし だったらドーパミンは多ければ多いほどいい?

 

 

根来 それは違うんです。ドーパミンが過剰に出ると逆に疲弊してしまい、精神的にちょっと下がったような状態になるんです。
何かに依存した結果、自分を見失ってしまうような感じです。

 

 

いし あー、ギャンブルとかドラッグとかアルコール依存とか?

 

 

根来 そうですね。ドーパミン過剰が続くと、脳が判断機能を失って、
幻覚や幻聴など、さまざまな異常行動を引き起こすこともあるんです。

 

 

いし 怖いですねぇ。とはいえ一般的には、ドーパミンの減少のほうが問題。やっぱり、ドーパミンも年齢とともに減っていくんですよね?

 

 

根来 ええ。ドーパミンと老化の関係は極めて密接で、私たちが10歳年をとると、平均して10%くらいのドーパミン・ニューロン(神経細胞)が死ぬといわれています。お年寄りにぎこちない動きになる人が増えるのはその影響があるんです。

 

 

いし 40〜50代の場合は?

 

 

根来  確かに、加齢に伴って減少していますけど大丈夫。
ドーパミンは意外と自分でコントロールできるんですよ。

 

 

いし えっ、そうなんですか?

 

 

 

気になるそのセルフコントロール法とは……?

第13回
快楽ホルモンの増やし方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top