ハッピーホルモンの増やし方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

 

いし こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。前回は、ストレスホルモンのコルチゾールの過剰分泌を抑える方法をお聞きしたので、今回はストレスを緩和するホルモンについてお聞きしたいです。

 

 

根来 ではストレスを緩和するホルモンといえばセロトニンですね。
セロトニンは脳内のセロトニン神経から分泌され、脳の神経細胞を活性化し
元気にする働きを持つことから、

「ハッピーホルモン」

とも呼ばれます。

 

 

いし ハッピーホルモン! 素敵な響き!

 

 

根来 セロトニンが不足すると精神的ダメージを受けやすく、うつ病の治療ではセロトニンが疑似的に増える薬が使われます。

 

 

いし 生活の中でセロトニンを増やすにはどうすればいいんですか?

 

 

根来 セロトニンは、ウォーキングやダンスなどのリズム運動をしている時にたくさん出ます。

 

 

いし ウォーキングも「イッチ、ニッ、イッチ、ニッ」とリズムをとりながら歩くといいいんですよね。(アンチエイシング講座 第25回 )

 

 

根来 あとは固めのガムを長時間嚙むのもおすすめ。よくプロ野球選手が試合中にガムをかんでいますが、あれは口淋しいからではなく、セロトニン神経を活性化させ平常心を保つためです。

 

 

いし ヘェ〜。それはぐうたらのいしまるこでも、すぐ実践できます!

ハッピーホルモンの増やし方 イメージ

 

 

次ページではもうひとつの大切なアンチエイジングホルモンをご紹介!

第17回
ハッピーホルモンの増やし方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top