食欲を調整するホルモンとは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし めっきり秋めいてきましたね。
なんだか、急におなかがすいたりする、くいしんぼうライターのいしまるこです。
というわけで、今回は食欲に関係するホルモンについてうかがいますよ。

 

 

根来 食欲系のホルモンといえば、レプチンとグレリンです。

 

 

いし 童話に出てくる仲良しきょうだいみたいな名前ですね。

 

 

根来 レプチンは脂肪細胞から作り出される食欲抑制のホルモン。肥満遺伝子を研究する過程で見つかりました。一方、グレリンは食欲増進のホルモン。胃から分泌され、胃酸の分泌も促します。

 

 

いし ということは、レプチンが増えてグレリンが減ったらいいんですね!

 

 

根来 ノーノー。それは短絡的です。お年寄りがやたらと肉食に走ったり、
暴飲暴食する背景には、レプチンが下がりっぱなしの状態で、満腹中枢と空腹中枢が機能していない状態が想定されます。

 

 

いし へぇ〜。最近、肉食ブームでお年寄りでも肉食がもてはやされる傾向にありますけど、肉食=長寿の秘訣とは限らないんですね。

 

 

根来 何かに偏るのではなく、バランスのいい食事を三食きちんと食べて、量を控えめにするほうが、レプチンの分泌を正しく保つことにつながります。
また、ストレスが増えるとレプチンが下がって、食欲が抑えにくくなるので、ストレスを軽減することも大切です。

 

 

いし ストレスが多いと、ドカ食いしちゃったりしますもんね。

 

 

根来 そういう時はレプチンが下がってるんですよ。夕食を抜いてグレリンが出ているのに空腹のまま寝ると、ストレスでコルチゾールが出て、結局、深夜にドカ食いしたり、負の循環に陥りやすいのでご用心。

 

 

いし ドキッ。

 

 

根来 あと、お菓子などの間食をすると、摂食中枢の働きが乱れて、レプチンの分泌も乱れやすくなります。

 

 

いし おやつは3時頃が太りにくいんですよね。第13回アンチエイジングホルモン講座で学びました!

 

Dr.negoro_0201-01web

 

第18回
食欲を調整するホルモンとは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top