〝トリプトファン〟で睡眠の若返りをはかる!

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。
ハーバード大学医学部内科客員教授、ブリュッセル自由大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、ミラノ大学客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。
世界で活躍する気鋭の医学博士。

根来教授
いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

根来先生の教え通り、電磁波からメラトニンを守るため、夜はパソコンに向かわないことに決めたのですが、そのせいで仕事がどんどんたまっていきますよ。

 

根来 こんにちは、いしまるこさん。それは仕事のスタートが遅いからでは

ないですか?

 

いし うぐっ。

 

根来 せっかく早起き習慣が身についてきたのですから、午前中を有効活用したほうがいいですよ。

起床後2〜3時間は、人間の知能も非常に俊敏でクリアな状態に向かっていきます。

午前中の時間帯9時〜12時にかけては、脳が完全に覚醒モードになり集中力がアップするので、判断ミスの許されない仕事は、この時間帯にするといいですよ。

 

いし 朝から韓流ドラマをだら観してる場合じゃないってことですね!

ただ、午前中体がしゃきっとしなくてついだらだらしてしまうのは、やっぱり眠りが浅いからだと思うんですよね。いつの頃からか、夜中や早朝に目が覚めるようになっちゃって。

 

根来 一般的に、30代後半頃から眠りが浅くなり、夜中や早朝に目が覚めたりする人が増えますが、これは睡眠の老化現象なんです。主な原因は、眠り誘発ホルモンであるメラトニンの減少のせいです。

 

いし メラトニンを増やす裏技はないんですか?

 

根来 メラトニンを増やすには、メラトニンの元となるセロトニンの原料

〝トリプトファン〟を増やすのが早道ですよ。

 

★メラトニンは、脳内の松果体で、トリプトファンというアミノ酸を基にして、セロトニンという神経伝達物質を経て合成されます。ですから、トリプトファンを摂取すれば、間接的にメラトニン産生量を増加させることができるのです。

 

 最近の研究では、女性は男性より脳内セロトニンを産生する能力が低く、トリプトファンが欠乏すると、女性の脳内セロトニン合成は男性の4倍減少することがわかりました。セロトニン不足は慢性頭痛の原因になるとも考えられ、女性で慢性頭痛がある人は、特にトリプトファンを摂るように心掛けましょう。

 

根来 トリプトファンは体内で合成できない必須アミノ酸のひとつで、

食事で摂取する必要があります。

 

いし トリプトファンはタンパク質の多い食品に、たくさん含まれている

のですよね?

 

根来 そうです。牛乳やチーズなどの乳製品、豆腐や納豆などの大豆製品、肉、魚、ナッツ類、バナナなどを、毎日の食事にうまく取り入れるといいですね。食べるタイミングはいつでもかまいません。

あと、寝る前に、おなかの右上あたりをしっかり温めるといいですよ。

 

いし えっ、おなかの右上に何か秘密があるんですか!?

 

 

トリプトファンが多い食品イラスト

 

根来 右上腹部あたりには肝臓があるのですが、このあたりを温めることに

よって、肝臓でのトリプトファンの産生が増え、メラトニンの分泌量も増えると考えられるのです。ここに手を当てるだけでも違いますよ。

 

いし それは簡単! 今晩から肝臓を温めてトリプトファンを増やしちゃお。

 

根来  それでは皆さん、今日も素敵な1日を!

 

根来先生

 

〈根来教授の睡眠講座・裏技編は次週も続きます。お楽しみに! 〉

取材・文/石丸久美子 撮影/角守裕二 イラスト/浅生ハルミン

 

 

第5回
〝トリプトファン〟で睡眠の若返りをはかる!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top