腸内細菌がポジティブホルモンをうむ!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは、ぐうたらライターいしまるこです。
前回、「胃腸の若さを決める三大要素」の「胃粘膜小腸絨毛」までうかがいましたが、3つめの要素「腸内フローラ」のお話に入るところで時間切れとなったので、その続きからお話ししていただきますよ。

 

 

根来 「腸内フローラ」は最近よくとりあげられているのでご存知の方も多いと思いますが、ご説明しておきましょう。
では、アシスタントのいしまるこくん、お願いします。

 

 

いし えっと、腸内細菌のことですよね。
腸の中にいろんな細菌がいて、そのさまはさながら花畑のよう♡ ってことで「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

 

根来 Perfect! 全長約1.5mもの大腸には数百種・100兆個以上、総量1〜1.5kgもの腸内細菌が生息しているといわれています。

 

 

いし びっくりぽんですねぇ。

 

 

 

 

根来 腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つのタイプに分けられ、悪玉菌が優勢になると腸内で腐敗が起こり、免疫も低下します。

 

 

いし 悪玉菌なんかいなくなっちゃえばいいのに

 

 

根来 いえいえそうじゃないんですよ。

悪玉菌が人体に不要なわけでなく、適度なバランスが大切

なのです。

 

 

いし バランスって?

 

 

 

 

気になるバランスについては次のページで!

第23回
腸内細菌がポジティブホルモンをうむ!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top