肝臓はアンチエイジングのキモ!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。12/5に最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が刊行予定。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

 

いし あっという間にいつしか季節は秋から冬に……。

たいへんご無沙汰しております。ぐうたらライターのいしまるこです。
連載をお休みしていたのは理由があって、さぼっていたわけではありません。
実は、根来教授の新刊の構成・編集にあたっていたのでございます。

 

 

根来 みなさん、お元気でお過ごしですか? 根来秀行です。
僕の新刊は12月5日に発売される予定です。テーマは「毛細血管」。
最高の一冊になりましたので、どうぞお楽しみに!

 

 

いし みなさま、よろしくお願いいたしまーす!
さて、本の宣伝はこのくらいにして、そろそろ本題に入りましょう。今回のテーマは、じゃじゃん!「肝臓年齢を若く保つ」ですよ。

 

 

根来 了解です。肝臓はアンチエイジングのキモですからね。

いし 肝臓はキモなんてシャレてる〜。

 

 

根来 真面目な話、本当に重要なんですよ。肝臓はお腹の右上一帯を占める、約1.2kgの人体最大の内臓器官です。

Dr.negoro_photo

 

 

いし 1.2kgというと、電話帳くらいの重さですね。重たいわ〜。

 

 

根来 はい。肝臓は数千種もの酵素を分泌して、小腸で吸収されたさまざまな栄養素を代謝、貯蔵するほか、胆汁の生成や分泌、解毒や排泄など生命維持に必要な多くの働きを行なっています。複雑な化学反応によって、多様な働きをしているため「体内の化学工場」ともいわれます。

 

 

いし 体内の化学工場は老朽化しないんですか?

 

 

根来 40代〜50代になると肝臓にも一定の老化が始まります。

 

 

いし やっぱり。

 

第41回
肝臓はアンチエイジングのキモ!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top