気づかぬうちにサビが進む肝臓の老化/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
前回までは肝臓の働きについて、根来教授に教わってきました。
というわけで、今回は「肝臓と老化」についてのお話です。

 

 

根来 ごきげんいかがですか。根来秀行です。
7割切られても機能を維持する働き者の肝臓ですが、水面下ではじりじりと老化しています。40代くらいになると老化が進み、肝細胞の新陳代謝が落ちて、機能を果たせなくなった残骸のような細胞も出てくるんですよ。

 

 

いし ひょぇ〜、細胞の残骸!?

 

 

根来 また肝臓はフリーラジカル(活性酸素)が発生しやすい臓器です。

 

 

いし 出たっ、老化の元凶!

 

 

根来 肝臓では代謝でエネルギーがたくさん使われますが、エネルギーを生み出す過程では活性酸素がどうしても発生するんです。

 

 

いし 生きている限り仕方ないんですね。

 

 

根来 フリーラジカルを無害化するSOD酵素(スーパーオキシド・ジスムターゼ)は肝臓から分泌されますが、40代くらいから半分までに減少します。

 

 

いし 半分も……。

 

 

根来 すると発生したフリーラジカルが取り除かれず肝臓内に残ってしまい、肝臓の血管や肝細胞などに攻撃をしかけます。その状態がひどくなると肝細胞の残骸が増え、ちゃんと働ける細胞が減っていくのです。

 

 

いし でも、肝臓は「沈黙の臓器」といわれるくらいで、老化しても目立った症状に結びつくということはあまりないんですよね?

 

 

根来 確かに、肝臓は再生力が高くキャパがあるので、老化で肝細胞の半分が衰えても、残り半分の力を十分に生かせば、肝臓の働きに直接影響するような機能低下は起きません。肝臓がんにしても、そのほとんどはウィルス性肝炎によるもので基本的に加齢とは関係ないんです。

Dr.negoro_photo

 

いし ほっ。

 

 

ほっとするまるこ。だが根来教授からさらに…!?

 

第44回
気づかぬうちにサビが進む肝臓の老化/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top