インプラントは怖くない!/後編

プロフィール写真

新谷 悟

1961年生まれ。歯学博士。東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック院長。昭和大学歯学部主任教授、口腔がんセンター長など、口腔がんとインプラント外科の専門医として、数々の大学で臨床教授として、指導的立場を歴任。最先端機器と熟練した技術で、口腔外科治療に情熱を傾ける

 

 

東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック

東京都中央区銀座1-8-14

銀座大新ビル5F

☎03-3538-8148

www.ginza-somfs.com/

骨の内部の構造まで把握し、きちんとテストして正確に入れさえすれば、インプラントは怖くない! 今回は実際の手術で使用するサージカルガイドについてご紹介します。

デンタルIQ インプラント イメージ

模型にかぶせてある透明なものがサージカルガイド

 

 

サージカルガイドで

さらに精密度がアップ!

 

もうひとつ必要なのが、実際の手術で使用するサージカルガイドです。データから割り出した、その人の歯の模型に合わせ、手術前に作製。正しい位置、角度、深度に誘導するための器具です。

 

「どんなに熟練した医師でも、フリーハンドで行うと必ずブレが生じます。正しく挿入されなければ、骨を貫通させたり、血管や神経を傷つけることも。このガイドを使うと、そのリスクがないだけでなく、痛みや出血が少なく、手術時間もわずか10分ですみます」

 

インプラントは3D画面で治療計画を立てることで、しびれ、痛み、嚙めない、脱落するなどのトラブルを回避することが可能。北欧のストローマン、ブローネマルク社が有名で評価が高く、日本人向けには京セラも3Dを採用しています。

 

「術後は自宅でのケアと医院での定期的メンテナンスが必須。きちんとすればインプラントは一生ものになるはずです」

 

デンタルIQ 誘導器具

人工歯根を正しく挿入する

誘導器具で精密度がアップ!

サージカルガイドはCT撮影から導き出した、その人の歯の模型をもとに、人工歯根を正しく挿入するための器具。これでブレのない正確な手術が可能に。

 

デンタルIQ 実験結果

 

フリーハンドでは必ず

ブレが生じるという実験結果が

インプラント治療医20名による、フリーハンドで埋入した場合の誤差を測定しました。結果は位置、角度、深度ともに予定通りに挿入できていません。特に三次元的角度の誤差はなんと3.2倍にも! どんなに熟練した医師でも必ずブレが生じるため、正しい位置に誘導するサージカルガイドが必要です。

 

 

上手な歯科医の選び方

 

・説明、見積もりが丁寧

・過去の例を見せてくれる

・治療実績が豊富

・CTを撮ること

・治療計画を綿密に立てる

・アフターケアの丁寧さ

 

 

 

 

次回は「ナチュラルでしっかり噛める」、義歯についてご紹介します。お楽しみに!

 

 

 

 

撮影/中川十内 構成・原文/山村浩子

第20回
インプラントは怖くない!/後編

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top