進化形の義歯ならナチュラルでしっかり嚙める/前編

プロフィール写真

宝田恭子

1956年生まれ。歯科医。宝田歯科医院院長。日本アンチエイジング歯科学会常任理事。くちびるエクササイズを従来の歯科治療に取り入れ、口元の美しさを追求。特に義歯に力を入れており、その誠意ある治療に、遠方から来る患者も多い。近著に『5つの姿勢がキレイをつくる』(光文社)

 

宝田歯科医院
東京都江戸川区南小岩
7-29-17
☎03-3657-4525
www.takarada-dc.com/

入れ歯というと、いきなり年をとった気がして抵抗感を覚える人も多いのでは? でも、現在は機能も審美性も格段に進歩しています。

デンタルIQ 義歯 イメージ

デンタルインテリア/デンタルフィット

 

 

ソフトでフィット感抜群。
ナチュラルなのでバレない!

 

いよいよ歯を抜くしかなくなったとき、欠損した歯をどう補充するか? その選択肢は3つ。両脇の健康な歯を橋桁にして人工歯を作る「ブリッジ」、人工歯根を挿入する「インプラント」、そして「義歯(以下、入れ歯)」です。

 

「欠損した歯の数や場所などにより、それぞれに向き不向きがありますが、実はオールマイティに対応できるのが入れ歯です。しかも日々進化していて、最近のものはとても快適です」(宝田恭子先生)

 

入れ歯というと、高齢者のイメージがあるため敬遠しがち。その理由の筆頭が、「入れ歯と気づかれたくない」というもの。通常の部分入れ歯の場合、金属のフックで支えるため、笑ったときにその金具が見えることがあり、これに抵抗感を示す人が少なくありません。

 

「現在では金属を使わず、歯の色と同化する白いフック『ホワイトクラスプ』や、歯茎の色に合わせた樹脂の『ノンクラスプデンチャー』を使うことができます。柔らかいしなりのある素材で、フィット感があり、歯茎に馴染むので、まず入れ歯だと気づかれません」

 

デンタルIQ ホワイトクラスプ

フックが目立たない

ホワイトクラスプ

部分入れ歯の場合、保険治療だと隣の歯に金属のフックをかけて固定します。その部分を白いプラスチックにしたホワイトクラスプなら、目立ちにくくなります。強くて柔軟性があり、金属アレルギーの人にも最適

 

 

デンタルIQ ノンクラスプデンチャー

審美性に優れた
ノンクラスプデンチャー

歯にひっかける金属のバネを使わない入れ歯。義歯床の厚さも薄くでき軽量。歯茎部分が半透明なので、装着すると自分の歯茎と馴染み、違和感がありません。素材も何種類かあり、欠損した歯の状態に合わせて形成可能

 

 

 

 

次回は入れ歯の利点についてご紹介します。

 

 

 

 

撮影/中川十内 構成・原文/山村浩子

第21回
進化形の義歯ならナチュラルでしっかり嚙める/前編

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top