肝臓にやさしいお酒のたしなみ方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし  明けましておめでとうございますぅ。
ぐうたらライターのいしまるこです。今年もよろしくお願い致します。

 

 

根来 明けましておめでとうございます。根来秀行です。
今年もみなさんにとって役立つ健康情報をお届けしたいと思います。あれあれ、いしまるこさん、なんだか顔色が悪いですね。

 

 

いし ああ流石は根来先生、お見通しですねぇ。実は、忘年会、新年会と続いて、ちょっとグロッキーなんです〜。

 

 

根来 なるほど。では、肝臓に負担をかけず、健康的にお酒を楽しむために、日頃のお酒の飲み方を見直してみましょうか。

 

 

いし お願いします!

 

 

根来 さて早速ですが、お酒を飲むとき、どのタイミングで飲みますか?

 

 

いし それはもちろん、何はともあれまず乾杯からスタートでしょ。

 

 

根来 ブブー、それはNGです。

Dr.negoro_photo

 

いし ええ〜。

 

 

根来 空腹でいきなり飲んでしまったら、アルコールがより早く吸収されてしまいます。肝臓での分解が追いつかず、短時間で一気に血中アルコール濃度が高まってしまうのです。

 

 

いし では、宴の前にちょっとお腹に入れておいたほうがいいんですね。

 

 

根来 そうですね。あと、何も食べないでお酒ばかり飲む人もいますが、食事をしないと体内で合成できない必須アミノ酸・グルタミンの肝臓での貯蔵量が枯渇し、低血糖症を引き起こして二日酔いの引き金にもなりますよ。

 

 

いし そういえば酒豪の人って、あまり食べないで飲み続ける人が多いかも。

 

 

根来 おつまみを食べながら飲めば、ほかの栄養素もとれてアルコールが過剰にならず、食べものの中にも水分が含まれるので、アルコールのダイレクトな影響を防げます。つまみの定番、枝豆は、良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富でおすすめです。冬場は、湯豆腐もいいですね。

 

Dr.negoro_Ill

 

 

次のページではさらに肝臓に優しいアルコールの飲み方をレクチャー!

第45回
肝臓にやさしいお酒のたしなみ方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top