カウンターで大興奮!! 西麻布「ジ・イノセント・カーベリー」で和牛の食べ比べ

プロフィール写真

フードライター&エディター、ラジオコメンテーター。横浜生まれ。「Hanako」からスタートし、店取材を続けること20年。料理の基礎知識を身に付けたいと一念発起、27歳で渡仏。4年の滞在の間にパリ商工会議所運営のプロフェッショナル養成学校「フェランディ校」で料理を学び(…かなりの劣等生だったものの)、フランス国家調理師試験に合格。レストランはもちろん、ラーメンや丼メシ、スイーツの取材にも意欲を燃やし、身を削って(肥やして!?)食べ続ける毎日。

肉

 

テレビでも雑誌でも食のテーマは肉、肉、肉…。

肉がブームといわれるようになって久しいです。

 

繁華街でも「A5ランク」、「松阪牛」、「黒毛和牛」、「一頭買い」などという看板がいたるところに踊り、見ているだけでOurAge世代は、若干、食傷気味!?

 

でも、タンパク質や鉄分を含む肉が健康や美容にいいといわれるのは「赤身肉&熟成肉のヒ・ミ・ツ」などOurAgeの連載を読んでもわかる通り。

 

今日は大人におすすめしたい、とっておきの肉の専門店を紹介します。

和牛を知り尽くしたスペシャリストによる国産黒毛和牛専門店

 

実は私、料理屋でカウンターに座るのが苦手です。なぜなら、板前さんやシェフの存在を意識してしまって、食べた後のリアクションや連れとの会話の内容をとても気にしてしまうから。「グルメ番組の芸人かい!」とツッコまれそうですが、自意識過剰なのは昔から(苦笑)。いろいろ損することもわかっていますが、おいしいものを心底、味わうために、テーブル席を選ぶことも多いです。

そんな私がカウンターに座り、邪念を忘れ、ラスト1秒まで目の前の料理にのめり込んでしまったのが、西麻布「ジ・イノセント・カーベリー」。

冷蔵庫

夜のみの営業なので、このセラーに明かりが点るのは夜になってから。パン屋さんかと間違えて入ってきた人もいたらしい。

 

 

道路からも覗ける店内のセラーには、国内各地から取り寄せた和牛がずらり。神戸牛、松阪牛、近江牛という世界にも名だたるブランド牛の、さらにランクや産地、状態を厳選した部位はもちろん、ブランド名だけに頼らない、目利きだからこそ選べる希少な和牛も揃っています。

 

 

「神戸牛専門店」や「和牛一頭買い」などというこれまでの肉料理店とは違った、本当に言葉通り、国産の(WAGYUといっても外国産も存在する)、和牛の(吟味を重ねて選ばれたものだけ)、専門店(仕入れも調理も匠と呼ぶにふさわしい人が行っている)なのです。

 

 

「ジ・イノセント・カーベリー」はWAGYU RESTAURANT(焼肉店)とWAGYU LABO(和牛研究所)のダブルコンセプト。普通の焼肉店のように赤身や霜降り、ホルモンをオーダーして、仲間とテーブル席で焼いて食べるのもそれはそれは格別ですが、今回、紹介するのはカウンターでいただく新メニュー、WAGYU LABO MENU「シェフズ テーブル」1名¥12,000(2名より、要予約。その日の仕入れによって肉が変わります)。

 

カウンター

いろいろと比較、検討したうえで、一番、肉がおいしく焼けるのはこの長方形のガスコンロだったとシェフ。L字型になっているカウンター。もちろんテーブル席、個室の用意もある。

 

どんな驚きと感動がカウンターで私を待っていたか、次のページでお伝えします。


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top