豆腐は何でできている?【豆腐の材料】


豆腐の実力 

 

素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。知ってるようで知らない豆腐のすばらしさや、毎日の食卓に生かせるレシピを、シリーズでお届けします。

奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐を、先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

今回は豆腐の材料についてご紹介します。

 

 

豆腐1 丁には、なんと大豆380粒!

豆腐 380粒

「1丁380粒」。豆腐は昔からこういわれています。これだけの大豆を食べることを考えれば、1丁の豆腐がいかに食べやすく、栄養価に優れた食品であるかわかります。

豆腐の8~9割は水分。残りの1~2割に大豆380粒分の栄養価がぎゅっと詰まっているのです。ちなみに、豆腐は1丁300~400gと地方やメーカーによって違いがあります。最近はひと家族当たりの人数が減っていることから、少量化の傾向にあるようです。

 

 

 

天然にがり使用・消泡剤不使用

豆腐 にがり表示

天然にがりは、「粗製海水塩化マグネシウム」と記載されています。豆腐の凝固剤として使用したときに限り、「にがり」とのみ表示可

 

 

 

硫酸カルシウム・消泡剤使用

豆腐 硫酸カルシウム

硫酸カルシウムは工業的に作られた凝固剤。消泡剤は使用していても表示義務がないので、表示されていない場合もあります

 

知ってるようで知らない、豆腐のお話は、次ページにも。

第2回
豆腐は何でできている?【豆腐の材料】

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top