抗酸化成分豊富なにんにくの芽は美肌の強い味方!

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

抗酸化成分豊富なにんにくの芽は美肌の強い味方!

 

 

中華料理で炒め物などによく使われるにんにくの芽。実際には「芽」ではなく、にんにくが花を付けるために伸ばす「花茎」と呼ばれる部分のことを一般に「にんにくの芽」と呼んでいるそうで、「茎にんにく」と呼ばれることもあります。

 

にんにくの芽は栄養豊富で、「さまざまな美容・健康効果を持つ」と、古くから親しまれてきました。こうした効果をもたらす成分のひとつが、「アリシン」と呼ばれる硫化アリルの一種。にんにく特有の香りのもととなる物質です。細胞にダメージを与え、老化を促進する原因となる活性酸素を除去する、強い抗酸化作用を持っています。滋養強壮の効果もあります。

 

また、にんにくの芽は緑黄色野菜の一種に分類され、アリシンの他にもβ-カロテンやビタミンCなど、抗酸化作用の高い成分が豊富。シミやそばかす、たるみ、シワの予防に役立つと期待される、美肌の強い味方です。

 

カリウムやカルシウムなどのミネラルも、普段私たちが「にんにく」と呼んでいる球根の部分よりも、豊富に含まれているとのこと。

 

そこで今日は、栄養豊富なにんにくの芽に、れんこん、キヌアを組み合わせた炒め物をご紹介します。れんこんにはビタミンCが多く含まれており、キヌアもタンパク質、ビタミン、ミネラルを含バランスよく含む、栄養豊富な食材。シンプルな味付けでそれぞれの素材の風味を生かした一品です。ぜひ作ってみてくださいね。

 

山田_にんにくの芽

 

 

れんこんとにんにくの芽のオードブル

 

材料(作りやすい分量)

れんこん……………12cm
にんにくの芽………10本
エリンギ…………………3本
ベーコン…………………3枚
ゆでたキヌア………大さじ2
塩・こしょう…………少量
油…………………………適量

 

作り方

①れんこんは、皮を剥いて半分にカットし4ミリ厚に切る。さっとゆでてからよく水気を切り、約180度の油で素揚げする。
②にんにくの芽は3センチくらいに切り、湯通しする。
③エリンギは長さを半分にして1cm幅の棒状に切る。
④ベーコンは細く切りカリカリに焼いて、余分な油は捨てる。
⑤ ④のフライパンでエリンギ、にんにくの芽をさっと炒めてれんこんを加え、キヌアも加える。塩・こしょうで味を調える。

 

 

 

NEWS

山田玲子『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』

山田玲子先生の最新刊、『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』(大和書房)が好評発売中です。

スムージー、ジャーサラダ、次はこれ! いまNYで大人気の雑穀ワンプレートサラダが日本上陸。 BOWL(ボウル)はリーフ野菜をベースに、キヌアや麦、玄米などの雑穀、ココナッツやチアシードなどのスーパーフードや豆類などを自由に組み合わせた、ワンプレートサラダのこと。流行に敏感なNYでは、このBOWLを扱うサラダ店が急増中。今回のレシピ本では、NYスタイルのBOWLを日本の家庭向けにアレンジ。日本で手軽に手に入る食材を使いつつも、和洋中などジャンルを問わず、おいしさと栄養価の高い組み合わせで、おいしくヘルシーなBOWLレシピをご紹介。

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

第29回
抗酸化成分豊富なにんにくの芽は美肌の強い味方!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top