免疫力アップ&ダイエット効果で話題の海藻「アカモク」

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

免疫力アップ&ダイエット効果で話題の海藻「アカモク」

 

 

突然ですが、みなさん「アカモク」って何かご存じですか?

アカモクとは、ワカメや昆布と同じく海藻の仲間。ネバネバ&シャキシャキとした食感が特徴です。ほんのりと磯の香りがしますがクセはありません。

郷土食として古くから親しまれており、全国各地で採れますが、地域によって呼び名が違うようです。例えば、秋田では、「キバサ」、新潟県では「ナガモ(長藻)」、山形県では「銀葉藻(ギンバソウ)」などと呼ばれているようです。

アカモクを加工した食品も各地にあり、たとえば宮城では、アカモクを粉にしたものを麺に混ぜ込んだ「あかもく温麺」が人気です。

そんなアカモクが今、女性に嬉しい成分をたっぷり含んだ健康食材として注目を集めています。

 

 

まず、注目したいのが「フコイダン」。海藻のネバネバ成分に含まれる食物繊維で、免疫力アップの効果が近年話題です。一般に、モズクに多く含まれていることで知られていますが、なんとアカモクにはモズクの2倍のフコイダンンが含まれているそうです。

また、カロテノイドの一種、「フコキサンチン」も豊富。フコキサンチンには強い抗酸化作用に加えて、体内の無駄な脂肪を燃焼する効果もあるそう。さまざまな研究が進められています。メタボ・肥満予防、老化防止効果などが期待されていますね。

さらに、海藻類には一般にミネラル類が豊富と言われていますが、アカモクは中でもトップクラス! カリウムはモズクの約23倍、カルシウムとマグネシウムは約4倍含まれているそうです。

 

 

特に味にクセはないので、いろいろな料理に使えます。酢の物にしたりお味噌汁に入れたりするのが一般的ですが、もっとたくさん皆さんに食べていただきたいので、私は今回、サラダにしてみました。サラダにすると洋食メニューにも合いますし、量もたくさんいただけるのが嬉しいですね。

また、ポン酢とあわせることが多いですが、オリーブオイル&レモン汁で仕上げるといっそう爽やか!

美と健康に嬉しい成分が詰まったアカモクを、たっぷりいただきましょう!

アカモクのサラダ

 

アカモクのサラダ

 

材料

アカモク  50g

赤たまねぎ 1/4個

キャベツ  30g

Aレモン汁  大さじ2

Aオリーブオイル 大さじ2

Aしょうゆ     小さじ2

スライスアーモンド 適量

 

作り方

①赤たまねぎはスライスする。キャベツはせん切りにする。

②アカモクと①を混ぜる。

③Aの材料でドレッシングを作って②に合わせ、仕上げにスライスアーモンドをのせる。

 

 

 

NEWS

山田玲子『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』

山田玲子先生の最新刊、『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』(大和書房)が好評発売中です。

スムージー、ジャーサラダ、次はこれ! いまNYで大人気の雑穀ワンプレートサラダが日本上陸。 BOWL(ボウル)はリーフ野菜をベースに、キヌアや麦、玄米などの雑穀、ココナッツやチアシードなどのスーパーフードや豆類などを自由に組み合わせた、ワンプレートサラダのこと。流行に敏感なNYでは、このBOWLを扱うサラダ店が急増中。今回のレシピ本では、NYスタイルのBOWLを日本の家庭向けにアレンジ。日本で手軽に手に入る食材を使いつつも、和洋中などジャンルを問わず、おいしさと栄養価の高い組み合わせで、おいしくヘルシーなBOWLレシピをご紹介。

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

第32回
免疫力アップ&ダイエット効果で話題の海藻「アカモク」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top