新にんじんをたっぷり食べて、おいしく美肌!

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

新にんじんをたっぷり食べて、おいしく美肌!

 

 

にんじんは、1年中スーパーに並んでいますし、どこのご家庭の冷蔵庫にもいつもあるのではないでしょうか?

 

そんな通年野菜のイメージの強いにんじんですが、春先から今ぐらいまでに出回るにんじんは新にんじんと呼ばれています。

 

新にんじんは春のはじめに収穫されますが、寒い冬を越えて育つため、柔らかくて甘みがあり、みずみずしいのが特徴です。ぜひこの時期に積極的にいただきましょう。

 

ところで、にんじんって野菜では何の仲間になるかご存知でしょうか? 実はセリ科に属し、パセリやセロリ、フェンネルなどに近い種類です。

 

そして、「緑黄色野菜の王様」と呼ばれるようにβ-カロテンが豊富。β-カロテンはカロテノイドと呼ばれる天然色素成分の一種で、強力な抗酸化力を持っています。体内でビタミンAに変化することで、皮膚や粘膜を健康に保つ働き、皮膚の新陳代謝を高める働きがあり、肌荒れや乾燥肌の改善を助ける成分です。

 

また、にんじんには、食物繊維(ペクチンなど)やビタミンB1、ビタミンB2、鉄分、カルシウムなど、現代人に不足しがちな栄養素も多種類含まれています。

 

そんな美肌の味方、にんじんですからたっぷりいただきたいですね。ということで、今日は絶品のにんじん料理をご紹介します。炒めることで、しんなりとしてたくさん食べられるうえに、ビタミンAは脂溶性のため、油と一緒にとることで吸収率がぐっとアップします。

 

カッテージチーズのやさしいミルク風味と相性も抜群! アーモンドは食感を楽しく演出してくれます。

 

山田_新人参 

 

にんじんとカッテージチーズのシンシン風

 

材料(作りやすい分量)

にんじん…1本

ごま油…大さじ3

Aしょうゆ…小さじ2

A砂糖…小さじ1

A顆粒だしの素…小さじ1/2

Aりんごジュース…大さじ1

カッテージチーズ…50g

アーモンド…10粒

パセリ…少々

 

 

 

作り方

①にんじんは長さ4センチ、幅5ミリの斜め輪切りにしてから、細切りにする。アーモンドは4等分にする。

②鍋にごま油をいれてにんじんを炒め、Aを加えて味を調える。水分がなくなるまで炒めてさましておく。

③冷めたらカッテージチーズとアーモンドを混ぜる。パセリを飾る。

 

 

 

 

 

NEWS

山田玲子『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』

山田玲子先生の最新刊、『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』(大和書房)が好評発売中です。

スムージー、ジャーサラダ、次はこれ! いまNYで大人気の雑穀ワンプレートサラダが日本上陸。 BOWL(ボウル)はリーフ野菜をベースに、キヌアや麦、玄米などの雑穀、ココナッツやチアシードなどのスーパーフードや豆類などを自由に組み合わせた、ワンプレートサラダのこと。流行に敏感なNYでは、このBOWLを扱うサラダ店が急増中。今回のレシピ本では、NYスタイルのBOWLを日本の家庭向けにアレンジ。日本で手軽に手に入る食材を使いつつも、和洋中などジャンルを問わず、おいしさと栄養価の高い組み合わせで、おいしくヘルシーなBOWLレシピをご紹介。

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

第34回
新にんじんをたっぷり食べて、おいしく美肌!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top