「美の味方」ココナッツで麗しデザート

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

「美の味方」ココナッツで麗しデザート

 

 

昨年はココナッツオイルが大流行しましたね! 美容・健康効果が高いということで、雑誌やテレビで何度も取り上げられていましたので、購入された方も多いのではないでしょうか。

 

でも、ココナッツの効果はオイルに限ったことではありません。その他のココナッツ製品にも、オイルとはまた少し違った、見逃せない効果があります。

 

ココナッツの殻の内側にある白い部分が果肉。ココナッツオイルはこの果肉から作られますが、今回はこの果肉に注目してみましょう。

 

ココナッツの果肉は若いうちは生で食することができるそうですが、熟したものは生ではなく、乾燥させて食べます。そして、熟した実の果肉を乾燥させ、フレーク状にしたものがココナッツフレーク、細長くカットしたものはココナッツロング。さらに細かくして粉末状にしたものはココナッツパウダーと呼ばれています。

 

こうしたココナッツの果肉には、食物繊維が多く含まれているのが特徴です。食物繊維には腸内環境を整える働きがあることはみなさんよくご存じですよね。腸内の老廃物の排出を促すことで、美肌や肥満予防に効果を発揮します。

 

さらに、ココナッツの果肉には女性の「美」に役立つミネラルも豊富!

 

たとえば、鉄分は全身に酸素を運ぶのに必要不可欠なミネラル。鉄分が不足して血行が悪くなると、酸素が肌にもうまくまわらず、顔色が悪くなったり、目の下のくまの原因になったりします。鉄分をしっかりとると、肌のくすみがとれ、美肌効果につながります。

 

また、カリウムは体内の余分な塩分を排出する効果がありますので、むくみの解消に役立ちます。

 

夏に向けて、お肌イキイキ、すっきりボディを目指したいこの時期。ココナッツを毎日の食卓に取り入れてみませんか?

 

海外セレブの間では、ココナッツフレークをヨーグルトのトッピングに使用するのが流行の兆しだとか…。ここでは、ココナッツパウダーをたっぷり使ったデザートをご紹介しましょう。

 

簡単に作れて、見た目もおしゃれ! おもてなしのデザートやティータイムにもおすすめです。

 

山田_ココナッツ蒸し団子

ココナッツ蒸し団子(14個分)

 

材料

白玉粉 200g

ココナッツパウダー1/2カップ

水 1カップ

あんこ 200g

 

 

 

 

作り方

①白玉粉に水を入れてよく練り、14等分にする。

②①の生地をひとつずつ平らに、円形のばし、中心にあんこを入れる。

③生地の口を閉じて丸く形を整え、ココナッツパウダーを表面にまぶす。

④蒸気が上がった熱々の蒸し器に入れ、10分蒸す。

 

 

 

 

 

 

 

 

NEWS

山田玲子『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』

山田玲子先生の最新刊、『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』(大和書房)が好評発売中です。

スムージー、ジャーサラダ、次はこれ! いまNYで大人気の雑穀ワンプレートサラダが日本上陸。 BOWL(ボウル)はリーフ野菜をベースに、キヌアや麦、玄米などの雑穀、ココナッツやチアシードなどのスーパーフードや豆類などを自由に組み合わせた、ワンプレートサラダのこと。流行に敏感なNYでは、このBOWLを扱うサラダ店が急増中。今回のレシピ本では、NYスタイルのBOWLを日本の家庭向けにアレンジ。日本で手軽に手に入る食材を使いつつも、和洋中などジャンルを問わず、おいしさと栄養価の高い組み合わせで、おいしくヘルシーなBOWLレシピをご紹介。

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

第36回
「美の味方」ココナッツで麗しデザート

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top