だしの中で、豆腐の淡泊さが生きる。鍋&スープ②中国風湯豆腐


素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐を、先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

今回は中国風湯豆腐をご紹介します。

 

 

 

 

ピリ辛の薬味だれが食欲をそそる
シンプルなスープ煮です

中国風湯豆腐

豆腐の実力 中国風湯豆腐

材料(4人分)

豆腐(絹)……………………… 1½ 丁
レタス……………………………1個
サラダ油……………………大さじ1

 

a

豆 、豆板醤………各大さじ1

にんにく(みじん切り)……大さじ1

 

しょうゆ……………… 大さじ1~2
白練りごま…………………大さじ½
長ねぎ(みじん切り)………大さじ½
鶏ガラスープ……………………適量
香菜……………………(好みで)適量

 

 

作り方

1 豆腐は大きめの角切りにし、レタスは手で大きくちぎっておきます。

 

2 たれを作ります。フライパンを熱してサラダ油をなじませ、a を入れて香りが立つまで炒め、炒め油ごとボウルに移します。そこにしょうゆ、白練りごまと長ねぎのみじん切りを加えて混ぜ合わせ、鶏ガラスープ少々で溶きのばし、器に移し入れます。

 

3 土鍋に鶏ガラスープを入れて火にかけ、煮立ったら①の豆腐とレタスを入れ、さっとひと煮立ちさせます。煮えばなに、好みで香菜を加えた②のたれをつけていただきます。

 

 

 

 

次回は豆腐と春菊の納豆チゲのレシピをご紹介します。

 

 

料理/松田美智子 カメラ/白根正治

第59回
だしの中で、豆腐の淡泊さが生きる。鍋&スープ②中国風湯豆腐

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top