フォークミュージックの首都にて オーガニックな生き生き女性に出会う

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。アメリカ南部のアーカンソー州。元アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンはアーカンソー州の出身であり、知事を務めていたこともあります。北米でいちばん長い川であるミシシッピ川沿いにある10州の一つ。南東部は、アーカンソー・デルタを含む低地ですが、北西部にはオザーク山地やウォシタ山地に連なる高地。緑豊かな自然が広がるオザーク・フォーク・センター州立公園があります。

小野アムスデン道子世界中

 

この州立公園内にあるオザーク・フォーク・センターは、まるでアーリーアメリカの村のよう。キルトや陶器、キャンドルやバスケットはじめガン・ショップやナイフを造る鍛冶屋まで18以上ものクラフトショップが集まり、見学や体験ができるクラフトビレジッジがあって、夏場を中心に多くの人でにぎわっています。その素朴な雰囲気は、まさに古きよきアメリカ。またその名前にあるように“世界のフォークミュージックのキャピタル(首都)”を標榜していて、無料のフォークミュージック・ライブも開催されます。

小野アムスデン道子世界中

小野アムスデン道子世界中

このクラフトビレッジで、オーガニックのハーブを使った石鹸やクリームを売る「ザ・ビレッジ・アポセカリー・ショップ」のオーナーのリンダ・オドムさんは「身体にいいオーガニックにこだわったので、最初は家で作っていたのだけど、今はこの工房で造っているわ。主人は、今日は閉めているけどこのクラフトビレッジ内でプリントショップをやっているの」とご夫婦でこだわるナチュラルなライフスタイルが、そのままビジネスになってしまったのだとか。彼女の作るライ石鹸は、ローズマリーやラベンダーなどのハーブのいい香りがします。

 

自分の暮らしで大切にしてきたことをそのまま人に勧めるリンダさんの表情はとても生き生きしています。アメリカの田舎のよさを感じたひと時でした。

 

小野アムスデン道子世界中

小野アムスデン道子世界中

 

オザーク。フォーク・センター州立公園は、アーカンソー州の州都であり国際空港のあるリトルロックから100マイル(160km)。東京から静岡ぐらいのところ。クラフトビレッジは4~11月まで火曜から土曜までの営業。2017年は、3月開催のアニュアル・ブル―グラスフェスティバルを皮切りに、全米から人が集まるフォークミュージックのフェスティバルも多数開催され、素朴な感じの宿泊施設もあります。

小野アムスデン道子世界中

 

 

オザーク・フォーク・センター州立公園 Ozark Folk Center State Park

住所:1032 Park Avenue Mountain View, AR

電話: 800-264-3655

クラフトビレッジは、大人12ドル、6〜12歳7ドル、5歳以下は無料

http://www.ozarkfolkcenter.com

 

取材協力/ミシシッピ・リバー・カントリーUSA日本事務所

http://mrcusa.jp

 

 

取材・文/小野アムスデン道子

第49回
フォークミュージックの首都にて オーガニックな生き生き女性に出会う

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top