年齢とともに変化する骨盤底筋に起こりうるリスクとは?④60~70代以降


閉経以降の体の若さを保つには

骨盤底筋(こつばんていきん)と腟の若さ、骨量をキープ!

 

 

閉経後は女性ホルモンの分泌が欠乏して、骨盤底筋や腟が緩み、骨粗しょう症予備軍になる心配も…。

まずは筋力の衰えや骨量減少を食い止めて、50代の体を老年期まで絶対にキープしたい!

 

 

 

“過去のダイエットが影響するってホント?”

 

“くしゃみをすると尿もれが!”

 

“実母が骨粗しょう症です。娘 の私もなりやすい?”

 

“腟が乾燥して、かゆくて不快”

 

“SEX するとヒリヒリしてもうイヤ!”

 

“トイレに行きたい!と思ったら間に合わず…”

 

 

 

MyAge_010_119-イラスト

 

 

 

 

弾力が命!

骨盤底筋は年齢とともに変化します

 

 

40代以降、徐々に弾力が失われていく骨盤底筋。

年齢とともに変化するから、思わぬリスクがあることを、きちんと知っておきたい!

 

ここでは、骨盤底の変化や気をつけるべきこと、起こりうるリスクなどをご紹介します。

 

今回は、60~70代以降の状態についてです。

 

 

 

 

【60~70代以降】

子宮脱などのトラブル
起きるケースも

MyAge_010_121-骨盤底筋60~70代イラスト1

「骨盤底筋が緩むと、子宮、膀胱、直腸が本来あるべき位置から下垂してきます。その際、緩んで広がった腟内に子宮が落ち込む〝子宮下垂〞、腟が裏返った靴下のようにめくり返り、子宮が外に飛び出してしまう〝子宮脱〞を招くことが。また、臓器を支える靭帯などの支持組織も衰えるため、垂れ下がった膀胱や直腸の一部が子宮側に傾いて、腟壁内に瘤のように突き出る〝膀胱瘤(ぼうこうりゅう)〞や〝直腸瘤(ちょくちょうりゅう)〞を引き起こすケースも。これらは〝骨盤臓器脱〞と呼ばれるトラブル。誰にでも起きるわけではありませんが、60〜70代の女性の約2割が経験するとされます」

 

30代の子宮は鶏卵大のサイズですが、年齢とともにしだいに萎縮していきます。家族の介護などで腹圧をかける日々が重なれば、骨盤臓器脱のリスクが高くなります。「骨盤臓器脱は命にかかわる病気ではありませんが、悪化させないうちに治療を受けることが必要。異変に気づいたら早めに婦人科を受診しましょう」

骨盤底筋がさらに緩んで薄い状態に。子宮や膀胱、直腸はひと回り小さくなり、下垂ぎみに

骨盤底筋がさらに緩んで薄い状態に。子宮や膀胱、直腸はひと回り小さくなり、下垂ぎみに

 

 

60~70代以降になると、骨盤底筋が緩みきって骨盤臓器を支えきれなくなります。子宮が腟内に落ち込んで腟の外に脱出する子宮脱や、膀胱が隣の子宮側に倒れかかって、膀胱の一部が腟壁内に突出する膀胱瘤になる人も

60~70代以降になると、骨盤底筋が緩みきって骨盤臓器を支えきれなくなります。子宮が腟内に落ち込んで腟の外に脱出する子宮脱や、膀胱が隣の子宮側に倒れかかって、膀胱の一部が腟壁内に突出する膀胱瘤になる人も

 

松峯寿美さん Hisami Matsumine

MyAge_010_119-松峯寿美さん

1946年生まれ。東峯婦人クリニック院長。医学博士。日本産婦人科学会専門医。

東京女子医科大学、同大学院卒業。

1980年に開業以来、妊娠・出産・更年期・老年期まで、

婦人科系のQOL(生活の 質)を保つ医療を実践。

骨盤底筋トラブルの治療や子宮脱を改善する経腟手術なども行う。

『女性の医学BOOK』(永岡書店)など著書多数

 

 

 

福岡由理さん Yuri Fukuoka

MyAge_010_119-福岡由理さん

1982年生まれ。理学療法士。

東峯婦人クリニックにて産前・産後の骨盤底筋ケア、更年期以降の尿もれ、

骨盤臓器脱の予防・改善に有効な骨盤底筋トレーニングを指導している。

全身のバランスを整えて不調を改善する理学療法を行う。

共著に『ウィメンズヘルスと理学療法』(三輪書店)など

 

 

次回からは、年齢ととも弾力が失われていく「骨盤底筋」を鍛えるための、骨盤底筋トレーニングについてご紹介していきます。

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/大石久恵 監修/松峯寿美、福岡由理


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top