呼吸法でチェック&鍛える! 骨盤底筋トレーニング①


閉経以降の体の若さを保つには

骨盤底筋(こつばんていきん)と腟の若さ、骨量をキープ!

 

閉経後は女性ホルモンの分泌が欠乏して、骨盤底筋や腟が緩み、骨こつ粗そ しょう症しょう予備軍になる心配も…。

まずは筋力の衰えや骨量減少を食い止めて、50代の体を老年期まで絶対にキープしたい!

 

 

骨盤底筋は年齢とともに変化します

 

40代以降、徐々に弾力が失われていく骨盤底筋。

年齢とともに変化するから、思わぬリスクがあることを、きちんと知っておきたい!

 

 

 

鍛える!

尿もれ・骨盤臓器脱の予防&改善に
骨盤底筋トレーニング!

 

MyAge_010_122-骨盤底筋トレーニング囲み

 

呼吸法で、骨盤底筋の働きを
チェック&鍛えることができる

 

骨盤底筋トレーニングを行うときは、背筋を伸ばし、胸を大きく開く〝胸式呼吸〞をするのがポイント。〝息を吐く〞ときに骨盤底筋と横隔膜を引き上げるイメージで骨盤底筋をキュッと締めます。

 

「力の入れ方がわからない人は、自分の腟口や尿道口、肛門のあたりを手で触れて、キュッと締めたときの感覚を確かめてみてください」(福岡由理さん)

 

このとき注意したいのは、下に押し下げるイメージで息を吐かないこと。

 

「下に押し下げるイメージで呼吸すると、子宮や膀胱などを下垂させてしまうので、〝吐くときに引き上げる〞イメージを意識しながら行うことが重要。軽度の尿もれであれば、この呼吸トレーニングを1週間程度続けるだけで改善されます!」

 

次のページで図解します。


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top