女性ホルモンの減少に負けず、腟の弾力を維持したい!〈知識編〉


閉経以降の体の若さを保つには

骨盤底筋(こつばんていきん)と腟の若さ、骨量をキープ!

 

 

閉経後は女性ホルモンの分泌が欠乏して、骨盤底筋や腟が緩み、骨こつ粗そ しょう症しょう予備軍になる心配も…。

まずは筋力の衰えや骨量減少を食い止めて、50代の体を老年期まで絶対にキープしたい!

 

膣を若く!

女性ホルモンの減少に負けず、
腟の弾力を維持したい!

 

MyAge_010_124-膣を若くイラスト1

肌同様、腟の弾力が
失われてきます

 

更年期は肌の弾力が失われるだけでなく、腟も緩んで広がりやすくなります。これは女性ホルモンのエストロゲンが減少することが一番の原因なのだそう。

 

「腟粘膜の下には皮下組織、腟を収縮させる筋肉、コラーゲン組織がありますが、エストロゲンが欠乏するとコラーゲンが作られなくなり、腟壁が薄くなっていくのです。同時に、腟口も緩んで広がります。特に経腟出産を経験した人は、赤ちゃんが通り抜けたときに広がったことがあるため、腟口の肛門側が伸びて緩んだ状態です。出産経験がない人は、そこまでは緩んでいないにしろ、腟粘膜下のコラーゲンの減少とともに腟口の皮膚のたるみが生じます」(松峯先生)

 

また、腟の緩みやたるみには長年の生活習慣も影響。椅子に座るとき、猫背の姿勢の人や膝を開きっぱなしの人は、骨盤底筋とともに腟が緩みやすくなるため、日頃の習慣にも注意しましょう。

 

 

 

「萎縮性腟炎」「萎縮性外陰炎」
って知っていますか?

 

閉経以降、腟粘膜や外陰部の皮膚が乾燥して炎症を起こすことがあります。これは「萎縮性腟炎」「萎縮性外陰炎」という症状で、エストロゲンの欠乏が原因。

 

「更年期前の腟は、おりもので潤され、デーデルライン桿菌(かんきん)という乳酸菌の働きで弱酸性に保たれています。でも、エストロゲンが欠乏すると、デーデルライン桿菌のエサとなる腟粘膜上皮が薄くなり、腟内環境が乱されるのです。残念ながら生殖器の萎縮を治すことはできませんが、ホルモン補充療法で不快症状を改善することは可能です」

 

MyAge_010_124-膣を若く囲み

 

 

閉経後の膣の変化については次ページへ→


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top