ドクターペッパーを飲み続けて104歳。長寿の秘訣は?

プロフィール写真

エイジング・スペシャリスト。
学生時代よりコマーシャルモデル、その後テレビ司会や経済インタビュアーとして活躍した後、渡米。
加齢学などを学び、現在は「アクティブ・エイジング」を提唱する。
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事
(財)シニアルネサンス財団理事
AACクリニック銀座 エグゼクティブプロデューサー
日本抗加齢医学会正会員
http://www.shoko-asakura.com/

 

朝倉さん 浴衣

凄かったけど短い夏でしたね。この浴衣は活躍しました。

 

 

 

健康や美容情報が大好きで、それなりに抑制された日々を送っていらっしゃる読者の方も多いのではないかと思いますが、今回はそれを蹴散らす(?)衝撃の事実をお伝えします。

 

ミネソタ州に住む元数学教師のエリザベス・サリバンさんは2015年3月18日で104歳のお誕生日を迎えました。杖の力は借りますが自分で歩き、本を読み、テレビを見たり、人と会ったり、ジョークを飛ばしたりととても充実した毎日を送っている素敵なお婆さまです。

 

その彼女の元気で長生きの秘訣がテレビで紹介され、全米で大きな話題を呼びました。それはドクターペッパー(アメリカで最も古い炭酸飲料のひとつ)を60代の時から40年以上の長きに渡って、毎日3本飲むことです。

 

エリザベスさん「いろいろなお医者さんが『それは身体に悪い。そんなことを続けたら死んじゃいますよ』と言ったけれど、そのお医者さんたちはもう皆亡くなってしまって、私は生きていますわ。彼らは何か間違っていたのでしょうね」ですって。

 

健康常識から言えば、多量の砂糖を含む炭酸飲料を毎日1L以上、しかも40年以上も飲み続けるなんてもってのほかのはず!これはまさに長寿因子に勝る健康要因はないという証ですね。

 

さらに好きなものを食べ、ストレスフリーに生きることは、健康のためという名目でマゾヒスッティックと思えるほどの生活制限を課すよりも効果が高いという事!!

 

あくまでも1個人の例ではありますが、健康情報に振り回されず、心豊かな毎日を送る事が大切というメッセージですね。

 

 

朝倉さん 女性たち

どこに行っても OurAge世代は元気で輝いていますね。104歳とはいかなくてもまだまだ色んな事に挑戦しようとやる気満々! 楽しみです。

 

 

 

 

第36回
ドクターペッパーを飲み続けて104歳。長寿の秘訣は?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top