コレステロールが減りすぎると、女性ホルモンが作れなくなる?!

プロフィール写真

エイジング・スペシャリスト。
学生時代よりコマーシャルモデル、その後テレビ司会や経済インタビュアーとして活躍した後、渡米。
加齢学などを学び、現在は「アクティブ・エイジング」を提唱する。
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事
(財)シニアルネサンス財団理事
AACクリニック銀座 エグゼクティブプロデューサー
日本抗加齢医学会正会員

行ってきました〜、ローリング・ストーンズのコンサート!

朝倉匠子 全身

ミック・ジャガー風いでたちで、
いざ!ローリング・ストーンズのコンサートへ

 

8年前にも行きましたが、現在70才のミック・ジャッガーの体型は全く変わらず(お腹ぺったんこ!)、

2時間東京ドームの広いステージを駆け回る動きの何とエネルギッシュで軽やかな事、そしてセクシー!

観客はもちろん50、60代が中心ですが、私の席の周りには30代、40代もたくさん。

そして彼らが「ミックってかっこいい」と言うのです。

 

しかもアメリカの大学に通う息子にラインで「お母さん、これからストーンズのライブ」と電話したら「えっ!マジで羨ましい」と言う答え。

20代の若者をも魅了する70才って凄いですよね〜。

高い意識を持って生きていれば、まだまだイケテル存在に成り得るのだと思うだけで、何だか俄然やる気が出ますよね。

本当に我々中高年に夢を与える感動のコンサートでした。

 

ところで前回女性ホルモンの減少パターンについてお話しましたが、性ホルモンの原料は実はコレステロールです。

ですからコレステロールは低い方がいいなんて思わないでください。

もちろん高すぎるのは良くありませんが、低すぎるのもダメです。

そうでなくても減少する女性ホルモンがさらに作れなくなります。

 

脂質は細胞膜を庇護する重要な働きをします。美肌にも重要です。

以前は化粧品もオイルフリーが大流行りでしたが、脂質が肌を保護し、水分の蒸発を防ぐと分かるとすっかり流れが変わりましたね。

細胞膜が弱くなると脳出血やガン、消化器疾患、鬱病などのリスクが高くなると聞いたことがあります。

 

脂質をまったくとらないとコレステロールが不足し、不足したコレスレロールを必死に作ろうとして肝臓が痛めつけられ、

肝不全を起こしたり、細胞膜の脆弱化で脳出血を起こしやすくなるとか。

バランスのとれた食事によるバランスのとれたコレステロール値が大切ですね。

 

 

第2回
コレステロールが減りすぎると、女性ホルモンが作れなくなる?!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント(2)

ミックジャガー風スタイル カッコイイです

カールママ - 2014年3月20日 16:09

ミックジャガー風スタイル カッコイイです

カールママ - 2014年3月20日 16:08
コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top