ミツバチの不思議な力に魅かれて 2/ 人生の第4ステージはテーマをもって乗り切る―飯田典子さんのハニーな日々

プロフィール写真

帝京大学教育学部教授 臨床心理士

ライタ―として「女性の生と性の健康と権利」(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)に関するテーマの取材を多数経験。
40代で大学院に入り、教育・発達心理学、臨床心理学を学ぶ。教育学博士。
スクールカウンセラー等を経て現職。
著書に『みんなで考える家族・家庭支援論』(編著・同文書院)、『フランスにはなぜ恋愛スキャンダルがないのか』(共著・角川ソフィア文庫)など。

お久しぶりです。個人的事情でいろいろあり、間があいてしまいました。私たちの年代は生死に関わるできごとが日常の中でさまざま起こりますね。あっというまに夏が終わり、季節が変わってしまいました。

 

 

 

さて、フォトジャーナリストで市民養蜂家の飯田典子さんの波瀾万丈ライフストーリーの続きです。これまでのことや更年期のことを話してくれました。

 

草野さん_DSC_0683_F

フォトジャーナリスト、養蜂家、そして……いくつもの顔をもつ、飯田典子さんです

 

 

フィリピンの女性と子どもたちを撮る

 

「私のこれまでの人生には3つのステージがあったと思うんですね」と飯田さん。
第1ステージは20代〜30代半ば。20代半ば編集プロダクションに勤めていた飯田さんは、一念発起して専門学校に入って写真を学び、プロの写真家を目指しました。そして当時、農村の「嫁不足」を背景に推進された国際結婚によって日本にやってきた、いわゆる「フィリピン花嫁」の女性たちをテーマに、フォトジャーナリストとしてスタートしました。

 

 

その後「フィリピン花嫁」の故郷であるフィリピンの村々を訪ねる取材を続ける一方、子どもの飢餓問題に取り組むキャンペーンの一環としての「フィリピン・ネグロス島の子どもたち」をテーマに現地で生活しながら撮り続けました。

 

 

じっくり腰を据えて、そこに暮らす人たちと信頼関係を築き、暮らしを丹念に追いながら撮るのが飯田さんの流儀。それらの作品は社会への問題提起となりました。

 

 

 

結婚でバルセロナへ

 

第2ステージは30代後半から40代初めまで。アメリカを一人旅していた飯田さんはヨセミテ国立公園で、あるスペイン人男性と出会います。東京とバルセロナとの電話とFAX での長距離恋愛の末、一回り年下の彼と結婚。バルセロナで新生活を始めます。

 

 

「そこで生涯暮らすつもりでしたから、スペイン語とカタルーニャ語を一生懸命勉強しました。バルセロナは創造的な環境で、いろんな刺激を受けました。でも、その後いろいろあって」4年で離婚。飯田さんは日本に帰ってきます。

 

 

ペ・ヨンジュン&韓流スターを撮る

 

日本に帰ってきたときすでに40代に入っていた飯田さんですが、「ほとんど1からの再出発」という第3ステージが始まりました。

 

 

「テレビもないワンルームに暮らしていて、たまたま実家に帰ったときに観た『冬のソナタ』に、なんだこれは?と」、俳優ペ・ヨンジュンに魅了され、「彼の写真を撮りたい」という動機から、韓流専門誌などに仕事を求めました。ペ・ヨンジュンをはじめ、次々と来日する韓流スターたちを撮影する日々。韓国語も勉強し、「もともと人を撮るのが好きなんですが、趣味と仕事が一致して楽しかったですね」という飯田さん。韓流ファンの私からみると羨ましい限りの毎日だったんですね。

 

 

 

いよいよ飯田さんの第4ステージ、50代は果たして……?

 

第14回
ミツバチの不思議な力に魅かれて 2/ 人生の第4ステージはテーマをもって乗り切る―飯田典子さんのハニーな日々

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top