横森理香の更年期チャレンジ! 「コーネンキなんてこわくない」第3回「いやーん、ばっちり更年期状態!」

プロフィール写真

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、近著『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。 最新刊は『いますぐゴキゲンになる60の言葉』。 また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。
主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

  

52歳、子宮筋腫をもつ作家・横森理香についに更年期症状が!?
何をしたら、スッキリ爽やかでハッピーな毎日が過ごせるのか。
いろいろなチャレンジをしていく更年期克服ルポエッセイ。第3回

 

 ③いやーん、ばっちり更年期状態!

 

 

一週間後、私は再び麻布十番まなみクリニックに赴いた。女性ホルモン値検査の結果を聞きにいったのだ。

 

イケイケ編集者Tに対抗して、今日は張り切って秋物の新しいワンピースを着て来たのに、Tはいない。

 

「緊急会議が入り、来られないそうです」

 

ふん、今日は撮影もないじゃん。なーんかガッカリ。

 

「こんにちは」

 

まなみ先生、今日はマスクをしているからお顔全体は見えないが、眉毛はばっちりお手入れされている。診療室にはファンシー小物も飾ってあるし、なりふり構わない女医さんより、同じ女として信頼できる気がする。

 

「横森さん、ばっちり更年期ですね!」

 

なーんて、女医が言うわけないが、結果はしっかり更年期状態だった。女性ホルモン値エストラジオールの値が正常値は20~200。私は15。

 

「かすっかすですね」

 

とも、女医が言うわけないけど(しつこい)、かなり底をついてるムード。

 

そして脳から「卵出せよ~」という指令をするホルモンの数値が平常値は10以下なのに、LH(黄体刺激ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)ともに19.3、64.8と高くなっている。このため、様々な更年期症状が出て来るというわけだ。

 

「プラセンタはどうでしたか?」

 

「特に変わった様子はなかったですが、思えば先日の爆弾低気圧のとき、ぜんぜん眠くなかったんです。普通は低気圧の日は、眠くて眠くてしょうがないんですが」

 

これは、Tも言っていた。仕事中眠くならなくて助かるから、プラセンタは欠かせないと。

 

「そうですか、じゃ、今日も打ちますか」

 

「はい」

 

「私もお願いします」

 

ライターのY女子も答える。

 

「今日、実は誕生日なんですよ。55ですから、2本、お願いします」

 

自分へのプレゼントか?

 

「あ、ちょっと青あざになっちゃってるなぁ」

 

先生はプラセンタ注射をしようとして、私の二の腕を見て言った。

 

「え、気が付かなかった」

 

かなり後ろの二の腕だから、気が付かなかったのだ。

 

「じゃあ漢方薬は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を処方しておきますね。とりあえず1カ月分。漢方はしばらく飲んでみないと、その人にあうかどうか分からないので」

 

「検診は、今日は必要ないですか?」

 

「体癌検査を去年の十二月にやってるんですよね?」

 

「はい」

 

「では年末でいいですよ。一年に一回でいいですから」

 

サクサクっとした先生である。爺ちゃん先生の半年に一回の定期検診をサボって来ているから、ちょっと不安だったが、まなみ先生がいいって言うんなら必要ないのだろう。そもそも検査し過ぎじゃないかなぁとも思っていたのだ。

 

「ありがとうございました~」

 

私は処方箋を持って、麻布十番の薬局に寄った。かつて住んだことのある町だから、三十年前によく行っていた薬局だ。まだそのままここにあるんだぁと、懐かしい気分で処方箋コーナーに座った。

 

「桂枝茯苓丸、1カ月分ですね」

 

薬剤師のオバチャンがにこやかに対応する。

 

「汗がどわっと出ちゃって、大変なんですよ」
と言うと、

 

「これから寒い季節になるからね、一人だけ汗かいてるとね~」
オバチャンは、体験者としてリアルに同調してくれた。

 

1カ月分のツムラ桂枝茯苓丸は、結構な量だった。一日三回の包で三十日。

 

「1ヶ月ぶん千九十円って、安っ。処方箋あると保険きくから助かるわぁ」

 

MyAge_007_P171-05_Web用

これが一回分。これを一日三回飲むことになりました。以前に試した煮出すタイプのものは、面倒くさかったのですが、これなら続けられそう。

 

 

 

第3回
横森理香の更年期チャレンジ! 「コーネンキなんてこわくない」第3回「いやーん、ばっちり更年期状態!」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top