横森理香の更年期チャレンジ! 「コーネンキなんてこわくない」第6回「アメリカ西海岸アンチエイジングリポート」

プロフィール写真

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、近著『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。

著書に『50歳からの自分メンテナンス術』『50歳から誰より輝くアンチエイジング魂』など。最新刊は『ずーっと幸せが続く生き方』。

また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

52歳、更年期の不調をなんとかすべく、よいといわれることに挑戦する作家・横森理香。

婦人科でホルモン検査、プラセンタ&漢方処方、和田秀樹先生のクリニックで

ショーシャ式アレルギー検査をし、Dr.ショーシャご本人に食事法を学び・・・etc.

そして、正月休み、家族とカリフォルニアへ。たくさん食べて、遊んで、

正月太りしなかった理由とは!?

 

 

⑥アメリカ西海岸アンチエイジングリポート

 

 

正月旅行でカリフォルニアに行ってきた。アメリカはアンチエイジング最先端。私の滞在したビバリーヒルズとラグナでは、年齢不詳の綺麗なオバサンしかいず、夫婦であれば父娘に見え、母息子ならカップルにしか見えなかった。それぐらい、体型も容姿もニ十五歳をキープしているのだ。まー、日々の努力もさることながら、どんだけ金かかってんじゃ!  ということでもある。

 

日本人の場合、持ち前の童顔と、華奢で小柄な体型と和食のおかげで、なんにもしてなくても若く見られる。食べても太りにくい体質の人もいるし、湿気の多い気候のおかげで皺も少なく、お肌もきれいだ。ところが白人女性の場合、二十五歳からすでにアンチエイジングが必要で、お金持ちエリアでは二十代から美容外科、美容整形も常識らしい。

 

IMG_3235

ロサンゼルスから車で40分ほど、海沿いの町ラグナのストリート

 

 

私の泊まったホテルSurf&SandはO.C.=オレンジカウンティの海沿いの町ラグナにあり、地元のお金持ちも食事に来たり、結婚式をするホテルだった。

 

ビーチをランニングして、トレーニングウェアのままホテルで朝食。ジュースは抗酸化作用と女性ホルモン様のザクロ×ブルーベリーと、グリーンスムージーがあったが、量は日本の二杯分。フルーツとギリシャヨーグルトの盛り合わせも三人前は入っていた。美容にいいものなら、たっぷり食べる方針だ。

 

三人前はあるフルーツとギリシャヨーグルトの盛り合わせ

 

メニューに「O.C.ブレックファスト」というのがあって、その内容は、白身と野菜のオムレツ、ターキーソーセージ(脂肪が少ない)、ベビーリーフのサラダ、そして雑穀ご飯。雑穀米は欧米では主食としてよりむしろサラダとして食べられている。

 

IMG_3339

これがO.C.ブレックファスト! ハンバーグみたいに見えるのが、ターキーソーセージ

 

 

「白身だけのオムレツなんて美味しいの?」

 

と懐疑的だったがこれが意外と美味しく、ふわふわに作ってある。気を良くして別メニューの「ホワイトオムレツ」も翌朝食べてみたが、これも美味しかった。季節の野菜とペルーの紫ジャガイモ(インカの目覚めみたいなやつ。栄養価が高いそうだ)と一緒にいただくと、量が多くても完食できるぐらいさっぱりしていた。なるほどアメリカのオーガニックスーパーでは、瓶に白身だけが入って売られているわけだ。

 

IMG_3419

ホワイトオムレツはダイエッター御用達♪ 家でも作れそう

 

 

太らないためには徹底して高蛋白質、低カロリー。「ブレッドレスエッグベネディクト」なんてものもあった。普通エッグベネディクトはポーチドエッグがパンに乗っているものだが、それのパンなし。グルテンフリーダイエットをしている人も多いから、パンを食べない人もいるのだろう。

 

娘が頼んだフルーツミューズリーに至っては、フルーツとヨーグルトはてんこ盛りで、ミューズリーはトップに振りかけてあるだけ。これって、私が家でやってる方式だが、アンチエイジング的に正しかったのね~。ミューズリーを沢山食べるとおなかがいっぱいになっちゃうからそうしてただけだが。サクサクとした食感だけ楽しんで、量は食べない。

 

Surf&Sandsは部屋の備品に至るまでアンチエイジングを心がけていて、冷蔵庫にあるジュースはザクロとクランベリーだった。バスルームの石鹸はゴートミルクソープ。初めて知ったが、保湿力が強く肌を柔らかくする効果もあり、抗酸化力も強いアンチエイジングソープらしい。

 

IMG_3321

ホテル備えつけのジュースと、ケータイ鏡餅!!

 

第6回
横森理香の更年期チャレンジ! 「コーネンキなんてこわくない」第6回「アメリカ西海岸アンチエイジングリポート」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top