“煎じてみよう!漢方”  春のイライラ・不安に、 めんどくさいけど効くのです

プロフィール写真

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。
漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。
新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

桜が咲いて

嬉しくて

ついつい桜の花を見ながら歩いていたら、

木にぶつかってしまった

春の夜。

痛かったけど

きれいだった。

ついでに満月も。

 

空をみる回数

ふえた春の日です。

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの

樫出恒代です。

 

春はイライラ

 

あったかい日とまだまだ寒い日

この温度差で私達、特に

更年期世代は、ホルモンバランスが崩れ

自律神経が乱れます

 

桜や木蓮の花の色に合わせて

一足早く春らしく、薄着になったら

意外に、冷える。

足元は冷え、上半身は熱をもちやすく、

冷えのぼせ、のような感じになりやすい。

熱は上に上がるものだから、

頭に熱、ということは、

イライラしやすい春なのです。

 

イライラ

不安

肩こり

不眠

疲れやすい

 

 

そんな症状がでたら、ぜひ、

試してほしい漢方薬があります。

 

漢方薬には、

顆粒タイプや錠剤や生薬のままなど、さまざまなものがあります。

この時期ぜひおすすめなのは、

ちょっとめんどくさいけど、

生薬を煎じて飲んでみること。

樫出_春_1

 

おすすめの漢方薬

「加味逍遙散」(かみしょうようさん)

 

聞いたことのある方も多いかもしれませんが、

更年期症状でのファーストチョイスとも言われています。

最近は病院でも漢方薬を出す先生も多いようですね。

 

 

 

● 更年期世代である

● 氣分にむらがある

● 訴えが多い(文句が多い)

● イライラしやすい

● 不眠・眠りが浅い

● 急に暑くなり汗が出る(特に顔や頭)

● 疲れやすい

● 肩こりバリバリ

 

 

 

こんな方に合う漢方薬です。

 

“煎じる”となぜいいのか?  その理由は次のページで!

第29回
“煎じてみよう!漢方”  春のイライラ・不安に、 めんどくさいけど効くのです

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top