「髪がうすい」「お肌カサカサ」の原因は血がチョロチョロ

プロフィール写真

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。
漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。
新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

「髪は顔の額縁」というくらい
その額縁で顔の印象はどうにでも変わる、
ということを
ずっと前に祖母から聞いたことを
思い出します。

 

祖母は、

美容師さん(昔は髪結いさんと言いました)に
毎日きてもらって
髪を結っていたそうです。

 

香水をつけたり、赤い口紅をつけたり

寝る前には、鏡台の前でしっかりお手入れ。
今は亡き、明治生まれの祖母は
今思い出しても、おしゃれで
すてきな女性だったな。

 

ついつい忙しさから
女、を忘れそうになる私ですが、
やっぱり
大切な髪、お肌ですね。

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの
樫出恒代です。

 

 

〈氣づいたら、髪がうすくなっていた
抜け毛も多い〉

 

〈お肌もカサカサ〉

 

こんなお悩みが増える更年期。
髪のことを
漢方では、
「髪は血の余り」・・・血余(けつよ)といい、
血が全身に行き渡って、あまったもの、と考えます。

 

「血」とは、血液のことなのですが、
漢方では、もっと広〜い意味でとらえ
栄養分・潤いを与えるもの
と考えます。

 

血が足りなくて、チョロチョロしかない

状態を「血虚(けっきょ)」といいます。

 

「血虚」と「貧血」は

似ているけど違うのです。

「貧血」は血液成分のヘモグロビンの量が少ないこと。

「血虚」は、血をつくれず、血の
栄養分が行き渡らない状態のこと。

 

頭皮に栄養分が届かず
髪にも栄養がいかず
抜け毛が増えたり
髪自体が細く、ハリがなくなって
なんだか、ヘアスタイルが
きまらない、、、

 

髪、うすいなー、と

感じたら

 

「血」がチョロチョロの

血虚になっているのかもしれません。

 

そのうえ、「血虚」の状態は

お肌に栄養分と潤いが届きにくくなるため
カサカサの乾燥肌になりやすい。
しわっぽくなったり、
ハリがなくなったり。

 

髪と肌、どちらにもとっても大事な

「血」
女性なら、たっぷりほしいです。

 

 

髪や肌のトラブルの元、「血虚」になる原因とは?

第42回
「髪がうすい」「お肌カサカサ」の原因は血がチョロチョロ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top