Part 1/知っておきたい更年期の基礎知識3:女性ホルモンの働きとは?

プロフィール写真

小山 嵩夫

1944年生まれ。小山嵩夫クリニック院長。

東京医科歯科大学医学部卒業。母校の産婦人科講師、助教授を経て、女性の健康管理を目的としたクリニックを開業。専門は生殖内分泌学(不妊症、女性ホルモン、更年期、抗加齢)。更年期と加齢のヘルスケア学会理事長、日本サプリメント学会理事長

知識を持って、ポジティブに向き合ったもの勝ち!

正しく知りたい「更年期」

 

「更年期って何?」「私って更年期なの?」「このつらさ、いつまで続くの?」etc。40代、50代といっても年齢によって、また人によって、更年期についての知識や、現れる症状にはかなり差があります。

 

ホルモンのバランスがくずれることで、実は誰にでも来る更年期は、不調の感じ方や症状の程度に差こそあれ、私たちの体に大きな影響を及ぼします。今と将来の自分の健康を考えるために、ここでしっかりと更年期のこと、学んでみませんか?

 

 

 

 

 

Part1

まだ更年期世代に入っていない人も必読!

 更年期前の漠然とした不安を解消します!

 

 

そろそろ更年期かなと予感している人、症状が重いとイヤだな…と心配していませんか? 今のうちに正しい知識を持っておけば、心の負担が減って余裕が生まれるはず。人生の先輩の体験談や、医師の解説をぜひ参考に!

 

一般的に、更年期は45~55歳の間といわれていますが、実際にやってくる時期は人それぞれ。これから何が起こるんだろう…と心配なあなたへ、知っておけば安心、な知識をお伝えします。

 

 

 

 

きちんと知っておきたい

更年期の基礎知識

 

私たちの体に必ず訪れる変化。それがどんなことなのか? 更年期についての、これだけは知っておきたい基礎の基礎!

 

ここでは、更年期と加齢のヘルスケア学会理事長でもある、小山嵩夫先生に教えていただきます。

 

 

 

①~④の点数が高い人はHRTがよく効き、⑤~⑧の点数が高い人は環境要因への対策を。⑨⑩はどの年代にもある不調。出典/小山嵩夫

①~④の点数が高い人はHRTがよく効き、⑤~⑧の点数が高い人は環境要因への対策を。⑨⑩はどの年代にもある不調。出典/小山嵩夫

 

 

 

 

 

3 女性ホルモンの働きとは?

肌や骨の老化などを防止する役割も!

 

エストロゲンを分泌する卵巣の老化は、目に見える兆候はなくても、31歳頃から細胞レベルで始まり、41歳以降は顕著になります。そして、閉経後、エストロゲン量は限りなくゼロに近くなります。

 

エストロゲンは妊娠以外にも、私たちの体の中で多くの働きをしています。例えば、肌や髪を美しく保つ、代謝を助ける、骨や関節の健康を守る、血管の老化や脳神経の老化などにも関与しています。

 

よって、その恩恵が減ってしまう更年期以降は、肌や髪の老化が進み、内臓脂肪がつきやすくなる、生活習慣病のリスクが高まるなど、いろいろなことが起こります。また、老年期になると骨粗しょう症や認知症になりやすくなります。

 

だからこそ、体が大きく変わる、この更年期にきちんと自分の体と向き合い、楽しい老後を見据えて、健康管理をしていく必要があるのです。

 

 

myage_010_043-エストロゲン表

 

 

女性ホルモンの年代別分泌量

 

エストロゲンの量は20~30代がピークで更年期にはがくっと低下。閉経後は卵巣からの分泌はほぼゼロになり、脂肪細胞から合成される少量だけに。出典/小山嵩夫

 

 

 

 

 

次回は、基礎知識4:更年期の対処法についてご紹介します。

 

 

 

図表製作/ビーワークス 構成・原文/山村浩子

 

第10回
Part 1/知っておきたい更年期の基礎知識3:女性ホルモンの働きとは?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top