Part 1/更年期のせいと決めつけて、ほかの病気を見落とさないために①

プロフィール写真

小山 嵩夫

1944年生まれ。小山嵩夫クリニック院長。

東京医科歯科大学医学部卒業。母校の産婦人科講師、助教授を経て、女性の健康管理を目的としたクリニックを開業。専門は生殖内分泌学(不妊症、女性ホルモン、更年期、抗加齢)。更年期と加齢のヘルスケア学会理事長、日本サプリメント学会理事長

知識を持って、ポジティブに向き合ったもの勝ち!

正しく知りたい「更年期」

 

 

「更年期って何?」「私って更年期なの?」「このつらさ、いつまで続くの?」etc。40代、50代といっても年齢によって、また人によって、更年期についての知識や、現れる症状にはかなり差があります。

 

ホルモンのバランスがくずれることで、実は誰にでも来る更年期は、不調の感じ方や症状の程度に差こそあれ、私たちの体に大きな影響を及ぼします。今と将来の自分の健康を考えるために、ここでしっかりと更年期のこと、学んでみませんか?

 

 

 

 

 

Part1

まだ更年期世代に入っていない人も必読!

 

更年期前の漠然とした不安を解消します!

 

 

そろそろ更年期かなと予感している人、症状が重いとイヤだな…と心配していませんか? 今のうちに正しい知識を持っておけば、心の負担が減って余裕が生まれるはず。人生の先輩の体験談や、医師の解説をぜひ参考に!

 

一般的に、更年期は45~55歳の間といわれていますが、実際にやってくる時期は人それぞれ。これから何が起こるんだろう…と心配なあなたへ、知っておけば安心、な知識をお伝えします。

 

 

 

 

その症状、本当に更年期によるもの?

ほかの病気を見落とさないで

 

更年期に現れる症状は100種類以上あるといわれています。そのため、更年期のせいと決めつけて、ほかの病気を見逃してしまうことも。

 

そこで、注意すべきことを更年期と加齢のヘルスケア学会理事長でもある医師の小山嵩夫先生に伺い、4つのTopicを2回に分けてご紹介します。

 

 

 

 

自己判断は禁物。
兆候を見逃さないで!

 

以前より更年期についてオープンに語られることが増えた昨今、情報が多いため、不調を更年期のせいと決めつけて、医療機関へ行かずに我慢する人も。しかし、そこに別の病気が隠れていることもあります。

 

「逆に、原因がわからない、症状が改善しない…と、さまざまな科を渡り歩いて、婦人科にたどり着く人も多くいらっしゃいます。更年期は、ほかの病気にかかることも増えてくる時期。定期健診を欠かさず、不調があったら、まずは婦人科に相談してみるといいでしょう。それが更年期によるものか、他の病気によるものかを判断してもらうと、安心です」(小山嵩夫先生)

 

ここでは、更年期とよく似た症状がある病気をまとめました。こうした基礎知識をもっていると、何かあったときに役立つはずです。

 

 

ワンピース¥34,000/プレインピープル青山 ネックレス/私物

ワンピース¥34,000/プレインピープル青山 ネックレス/私物

 

 

 

 

 

Topic 1

うつ病と、更年期のうつ症状にはこんな違いが

 

「更年期のうつ症状は、女性ホルモンの乱れに原因があり、その結果自律神経が関係して、うつ症状が出現します。精神科のうつ病は脳機能に問題があるといわれています。婦人科では血中の女性ホルモンやうつのときに低くなるセロトニンなどを測り判断をします。私の経験では、精神科のうつ病は診療時に話がなかなかまとまらず、訴えが多いのが特徴で、更年期指数(下表)が81~100点と高い傾向があります」

 

myage_010_043-01_web%e7%94%a8

 

 

次ページに続きます。

第20回
Part 1/更年期のせいと決めつけて、ほかの病気を見落とさないために①

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top