Part 2/更年期との上手な付き合い方①和田式 更年期の不調を乗りきる3カ条

プロフィール写真

和田 秀樹

1960年生まれ。精神科医。和田秀樹こころと体のクリニック院長。専門は老年精神医学、精神分析学、集団精神療法学。

 

権威ある自己心理学の国際年鑑に、日本人として初めて論文を掲載するなど、海外での評価も高い。著書は600冊以上。公式サイト http://www.hidekiwada.com

知識を持って、ポジティブに向き合ったもの勝ち!

正しく知りたい「更年期」

 

 

「更年期って何?」「私って更年期なの?」「このつらさ、いつまで続くの?」etc。40代、50代といっても年齢によって、また人によって、更年期についての知識や、現れる症状にはかなり差があります。

 

ホルモンのバランスがくずれることで、実は誰にでも来る更年期は、不調の感じ方や症状の程度に差こそあれ、私たちの体に大きな影響を及ぼします。今と将来の自分の健康を考えるために、ここでしっかりと更年期のこと、学んでみませんか?

 

 

 

Part2

真っただ中の人に朗報

 

あの手この手で

更年期もHAPPYに過ごす!

 

 

今までとは違う疲労感、不眠、だるさ、のぼせ、多汗…、さまざまな症状が出ている人こそ、目をそらさずに向き合ってください。

 

約10年間の更年期をネガティブになることなく快適に過ごす方法と、元気で素敵な60代、70代にステップアップするための知恵を身につけたい!

 

今回は、ちょっぴり辛口でちょっとエッチ、痛快なコメントを繰り出すことで有名な精神科医の和田秀樹先生にお話を伺いました。

 

 

 

 

和田流
更年期の不調を乗りきる
3カ条

 

1. 食べ物をバカにするな
2. 思考パターンを変えよ
3. もっと恋をしよう

 

 

 

精神科医の視点で更年期の過ごし方を教えてくれる指南書

 

『思秋期ー感情的な人ほど早く老いる!?』
和田秀樹 著/ブックマン社

myage_010_050-和田先生著書「思秋期」

 

成人から老人になる間の時期(40~60歳くらい)を

「思秋期」と名づけている和田先生。

「岩崎宏美さんの歌を思い出す人もいるかもしれません」

と語るようにご自身も50代半ば、思秋期真っただ中。

精神医学やアンチエイジング医学の立場から、

ここ10年ほど勉強を続けているのがこの時期のこと。

思秋期を賢く乗りきり、ハッピーな老年期を迎えるヒントが満載!

 

 

早速、先生にお伺いしましょう。次ページに続きます。

 

第22回
Part 2/更年期との上手な付き合い方①和田式 更年期の不調を乗りきる3カ条

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top