「えっなに?」二度聞きが増えたら腰痛に注意!

漢方の考え方のひとつに

五行説というものがあります。
「肝心脾肺腎」と「目舌口鼻耳」
身体のさまざまな部分につながっているという考え方です。
(以前の五行説のコラムを参照ください。第27回第28回)

 

「部分ではなく、全体をみる」漢方の世界観。

耳に関する症状を
考えるとき、
必ずそのもとは何?
その原因はどこ?って
考えるのが、漢方的見方。

 

耳は腎に属します。

 

聞こえにくいなぁ、の

 

サインは、

 

「腎」の機能低下のサイン。

 

腎は、腎臓そのものも含みますが、
もっと広く、
腰痛・神経衰弱・肩こり・精力・女性ホルモン・白髪・耳鳴り・メニエール病、など、など。

 

だから、

 

「えっ、何?」は、

腎が弱っていることと考え
腰痛や肩こりにつながっていくのです。

 

聞こえにくい、が、
腰痛につながるなんて。

 

漢方って面白いでしょ〜〜。

漢方の面白い考え方を
お伝えしますね!

 

特にこの時期

寒さで冷える腰の痛みに
氣をつけて対策しましょう!

 

では、 腎の力をアップする意外な方法を、お教えします。

第45回
「えっなに?」二度聞きが増えたら腰痛に注意!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top