Part 2/美容だけじゃない! 更年期症状にも“プラセンタ”

プロフィール写真

斎藤 糧三

1973年生まれ。医師。日本機能性医学研究所所長。

更年期障害の女性にテストステロンを使用した自律神経調整療法のパイオニア、斎藤信彦の三男。美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合した総合アンチエイジング理論を確立。ナグモクリニックをはじめ都内3カ所で外来担当。http://ifmj.jp

知識を持って、ポジティブに向き合ったもの勝ち!

正しく知りたい「更年期」

 

「更年期って何?」「私って更年期なの?」「このつらさ、いつまで続くの?」etc。40代、50代といっても年齢によって、また人によって、更年期についての知識や、現れる症状にはかなり差があります。

 

ホルモンのバランスがくずれることで、実は誰にでも来る更年期は、不調の感じ方や症状の程度に差こそあれ、私たちの体に大きな影響を及ぼします。今と将来の自分の健康を考えるために、ここでしっかりと更年期のこと、学んでみませんか?

 

 

 

Part2

真っただ中の人に朗報

 

あの手この手で

更年期もHAPPYに過ごす!

 

 

今までとは違う疲労感、不眠、だるさ、のぼせ、多汗…、さまざまな症状が出ている人こそ、目をそらさずに向き合ってください。

 

約10年間の更年期をネガティブになることなく快適に過ごす方法と、元気で素敵な60代、70代にステップアップするための知恵を身につけたい!

 

 

 

 

更年期の症状が軽い人は試してみたい!

 

「医療用プラセンタ」に注目

 

 

美容のためにプラセンタ注射を試したら、更年期の症状まで軽くなったという人は多いもの。それは気のせいではないのです。

 

 

 

MyAge_010_061-黒猫イラスト2

プラセンタ療法

 

 

更年期症状には保険適用!
意外なプラセンタの秘密

 

 

プラセンタというと美容目的のイメージですが、実は更年期症状の治療を目的に認可されている医療用の注射剤もあることを知っていますか? プラセンタ注射には自律神経症状やホルモンのバランスを調整する効能もあるといわれます。

 

プラセンタに詳しい斎藤糧三先生は、

「プラセンタとは、日本語で言えば『胎盤』。母体の子宮内に作られ、赤ちゃんと母親をつないでいる器官です。赤ちゃんへ酸素や必要な栄養素を送り込むだけでなく、不必要なものを排除・排泄する働きも担っています。製品となるプラセンタは、哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した『胎盤エキス』のこと。一般に目にするのはこちらです。一方、厚生労働省が認める医療用プラセンタは、ヒト胎盤エキスの注射剤2品のみです」
と説明。その製剤は次のふたつです。

 

 

【メルスモン】更年期症状、乳汁分泌不全といったホルモン系の治療に対して保険が適用。絶大な効果があるというデータもありますが、そのメカニズムははっきり解明されていない様子。

 

【ラエンネック】肝機能障害の治療薬として保険適用に。実際には更年期治療や美容目的で使用されることも多く、その際は自費診療になります。

 

注意したいのは、これらはヒトの胎盤を原料としているため、感染症のリスクが0%ではないこと。ヒト・プラセンタ製剤を注射すると、献血ができないという決まりがあるので、慎重に。

 

 

 

MyAge_010_061-プラセンタの働き、効果

 

 

【胎盤に含まれる栄養成分

 

活性タンパク・ペプチド、

タンパク質、アミノ酸、糖質、

ミネラル、脂質・脂肪酸、
ビタミン、ムコ多糖類、
酵素、核酸

 

 

 

MyAge_010_061-イメージイラスト

 

 

 

 

 

イラスト/平松昭子 構成・原文/蓮見則子

 

第31回
Part 2/美容だけじゃない! 更年期症状にも“プラセンタ”

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top