動悸を軽減させてくれるツボ「神門」ほか/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

心と体にきく 毎日のツボ

 

 

 

第2章 生活習慣病にならないために

第2章では、具体的な症状別に効くツボについてご紹介していきます。

 

 

 

病気じゃないのにドキドキする…。そんな経験はありませんか?

 

今回は、そんな「動悸を軽減」させてくれるツボをご紹介します。

 

 

 

 

心臓のリズムが乱れ、ドキドキと鼓動が速くなる。なんの前触れもなくおこる「動悸」は、生命をつかさどる臓器からのストレートな合図だけにとても気になるものです。心臓に不安をかかえている人にだけおこりやすいわけではなく、疲れやストレスからおきるケースや、更年期障害でおきる場合もあるようです。

 

そんな突然の動悸には、なんといっても心臓の経絡のツボといわれている「神門(シンモン)」が最適です。

 

ツボの場所は、手のひら側の手首の小指寄りにあって、押さえるとへこむ部分です。ドキドキしたらすぐに、押さえてみてください。いざというときの心強い味方となり、ツボの威力を体感できることでしょう!

 

また、急な坂や階段を上ると呼吸が乱れ息が苦しくなる息切れからくる動悸、気持ちの高ぶりからおこる動悸には、胸の「膻中(ダンチュウ)」がおすすめ。ゆっくり呼吸を整えながら両手を軽く胸に当て、中指を重ねて静かに押します。

 

 

 

 

突然の動悸と呼吸の乱れや息苦しさからおこる動悸では押すツボが違います!

031-03_Web用

 

神門 ツボ

「神門(シンモン)」

 

「神門」は、手のひら側の手首の小指寄りにあって、押さえるとへこむ部分にあります。疲れやストレス、更年期障害によると思われる動悸には、左右交互に親指でジワーッと押してみてください。

 

 

膻中(ダンチュウ)ツボ

「膻中(ダンチュウ)」

 

「膻中」は乳首どうしを結んだ線の真ん中にあり、左右の手の中指を重ねて置き、呼吸を整えて静かに1分くらい押さえます。

 

 

 

 

 

次回は、「風邪」のひきはじめに効果のあるツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

第17回
動悸を軽減させてくれるツボ「神門」ほか/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top