おそうじは、自分を取り巻く運気を上げてくれる/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com/

 

運がUPする「おそうじ風水」

 

PART 1

「おそうじ」や「かたづけ」でなぜ運気がアップするの?

 

少々の汚れやほこりは気にしない。散らかったものはいつかかたづけよう。

その「いつか、いつか」が積もり積もって部屋全体の空気がどんよりこもっている。

それでは良い気が逃げていってしまいます!!

 

 

 

おそうじは風水の出発点です

 

 

おそうじ&整理・収納は幸運の原石を磨くことにつながります

 

風水の基本や中国古来のもともとの考え方が分かったところで、風水とおそうじの関連性を考えてみましょう。

 

風水とは中国古来の環境学。良い風水とは、良い「環境」のことを指します。つまり、幸運を呼び込み、嫌な運を寄せつけないためには、良い環境に住むことが望ましいのです。

 

良い環境の三大条件を思い出してください。ひとつめは、安全・安心であることでしたね。例えば、土砂崩れなどの心配がない土地、河川の氾濫がない土地。また歓楽街など、子どもに悪影響を及ぼすことのない土地などが考えられます。2つめの条件は、快適であるかどうか。日当たりが良い、きれいな空気や水があるなどの条件が値します。3つめの条件は、家や町が栄えているかどうか。すでに家や町全体に活気が満ち溢れているということは、住むのに適した良い環境であることを証明しています。

 

けれども、この条件をすぐに満たすことは、時間や金銭的に考えてもなかなか困難なことです。良い環境に移り住むのではなく、身近なところから良い環境をつくり上げる。その一番効率の良い方法がおそうじというわけです。

 

窓を開けて換気をするだけでも、家の中の空気が入れ替わり、爽やかな風が流れます。床のホコリを取り去るだけでも、快適な室内になります。ゴミ箱のゴミを集めて、外に出すだけでもニオイが消えます。おそうじをすることは、環境を良くし、自分を取り巻く運気も同時に引き上げていくことができる、最初の第一歩なのです。

 

 

 

テーブルと椅子

 

 

 

 

 

次回は、願いをかなえるための、おそうじに関する3つのステップについてです。

 

第9回
おそうじは、自分を取り巻く運気を上げてくれる/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top