疲れをとりたいなら床のおそうじを/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART2

願いをかなえるおそうじ術

 

恋愛がうまくいく! 仕事で成功する! 健康な暮らしを満喫する!

あなたなりの幸せな未来を描いて、おそうじをしてみませんか?

願いごとにおそうじのツボを紹介します。

 

 

 

 

疲れをとる

 

 

地の気を得て、活動力を高める

 

生命の活動力が低下し、疲れやすい身体になっている人は、家の中が全体的に散らかって、汚れがたまりがちです。活動力の元となる地の気を、スムーズに受け取りやすくするため、床のそうじをしましょう。

 

床がカーペットの場合は、ホコリがたまりやすい難点があります。専門業者のリサーチによるとカーペットの場合、ウエットな汚れは1割、9割が乾燥している汚れ。つまり掃除機で約9割の汚れがとれるのです。覚えておきたいのは、カーペットの床から約30㎝の高さまでは0・05ミクロン以下の粉塵が舞っているということ。どんな掃除機でも取りきれないほど、細かいホコリといわれています。

 

P061_Web用

 

 

 

フローリングの場合、そうじをするときは、はじめに、ホコリや細かい砂、髪の毛などを掃除機で吸い取ります。フローリングを傷つける原因になるので、フローリングの継ぎ目にそって掃除機をかけます。掃除機で取れない汚れは、固く絞った雑巾で水拭きをします。ただし、一般的にフローリングは水に弱い材質。つなぎ目の合板に水分が入ると、浸透した水分が木材や接着剤を傷める危険があるので、注意が必要。最後は乾いたクロスで全体をから拭きすると、フローリングにツヤが出てきます。このようにそうじをしてきれいにします。

 

P073-02_Web用

 

 

 

また、雑誌や本、洋服、バッグ、その他の小物などを床に置きっぱなしにしていると、良くない気がたまります。不要なものは処分し、必要なものは決められた場所にきちんとしまいます。床面をすっきり広々と保つことで、明日への英気を養うことができます。また、質の高い睡眠がとれるように、清潔な寝具を使い、ベッドの枕元や足元に鏡は置かないようににしてください。

 

さらに、太陽光が射し込まない家は、住んでいる人の体力を低下させ、疲れがとれにくい体質に導かれてしまいます。物理的に太陽光を取り込むのが困難な場合もありますが、なるべく室内にいても太陽光が入るようにしましょう。部屋に太陽光が入らない場合は、白色の明るい間接照明を取り付ければ、陽の気を集めて元気が出ます。

 

 

 

イラスト/MINT JULEP

 

 

 

 

次回は、幸運をもたらしてくれる人と出会いたいときにおすすめの「おそうじ風水」をご紹介します。

 

第56回
疲れをとりたいなら床のおそうじを/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top