死を招く病気を引き起こす!?「キラーストレス」とは?/前篇


多忙な仕事や、人間関係、お金のことなど、私たちは誰もがつねに何かしらのストレスを抱えています。最近、そんなストレスが複数重なると、命に危険を及ぼす"キラーストレス"になる可能性があることが判明!

そこで覚えておきたいのが、ストレスから上手に距離を置けるようになるメソッド。近年研究が進み、ストレスへの効果が科学的に実証されたメソッドも。こんなストレス解消法を賢く取り入れて、キラーストレスに負けない体をつくりましょう!

キラーストレス 立ち姿勢

オールインワン¥19,000/AWA(スキンウェア)

 

 

現代人の多忙な生活が
キラーストレスの元に!

 

仕事に忙殺されたり、スマホやパソコンを深夜まで見続けて睡眠不足に陥ったりと、ストレスになりうる要因でいっぱいの現代。2015年12月には、労働安全衛生法に基づき、職場でのストレスチェック制度も義務化されたりと、今やストレスは深刻な問題になっています。そんな中、今特に問題視されているのが、命にも危険を及ぼす「キラーストレス」。そこで順天堂大学医学部の小林弘幸先生に、ストレスが体を蝕む仕組みを伺いました。

 

 

キラーストレス 小林弘幸先生

小林弘幸 さん

Hiroyuki Kobayashi

1960年生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。腸のスペシャリスト、自律神経研究の第一人者として人気。『聞くだけで自律神経が整うCDブック』(アスコム)など、著書は軒並みベストセラーに

 

 

 

ストレスがかかると
脳の扁桃体が反応して
ストレスホルモンが分泌

 

「体や心にストレスがかかると、まず脳の扁桃体という部分が反応します。すると扁桃体から副腎という部分に指令が送られ、コルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。このコルチゾールには、心拍数を増やしたり、血液を固まりやすくしたり、血糖値を上げたり、免疫機能を下げたりといった作用があります。また、扁桃体の指令は自律神経にも送られて交感神経を優位にし、それによってアドレナリンが分泌されます。すると血管が収縮して、血圧が上昇し、血流が悪くなります。これがストレス反応です」

 

この反応は、ちょっとしたストレスがかかったときなら、すぐに収まりますが、危険なのは複数のストレスがかかったときだそう。

 

「同時に複数のストレスがかかり、一定の許容量を超えると、ストレス反応が暴走し、コルチゾールが分泌され続けて、交感神経は優位になりっぱなしになります。そして血流障害によって血管が詰まると心筋梗塞や脳梗塞に、血糖値が上がり続けると糖尿病に、というように命にかかわる病気を引き起こすのです。さらに、ストレスで交感神経が優位になると、免疫細胞の代表であるNK細胞の働きが弱まるうえ、体内の活性酸素も増え、がんにもなりやすくなります。このようにストレスは放っておくと非常に危ないのです」

 

 

 

ストレスの自覚がない人ほど要注意? くわしくは次のページで。


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top