意外!? いや、知れば納得。 いま、旬のデスティネーションは「カンボジア」です!

プロフィール写真

トラベルジャーナリスト。旅歴25年。訪れた国は80ヶ国ほど。女性誌、旅行サイト、新聞、週刊誌などで執筆。独自の視点とトレンドを考えた斬新な切り口には定評あり。日本の観光活性化にも尽力。山口県観光審議委員、青森県の観光戦略アドバイザーなどを務める。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)」、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。◆個人サイト 「ハッピー・トラベルデイズ

 

年度末、何かと忙しい部長です。あっというまに春間近。そろそろ温かい場所へ逃避行したくなってきました。

 

前回は「旅上級者を目指すためにしたい4つのこと」をご紹介しましたが、そのテクニックをちょっとだけ実践してみましょうか。というわけで、今回は、最も旬な旅行先と話題のカンボジアをピックアップ。その人気の理由と旅のコツをご紹介しましょう。

 

 

日本人が一番行きたい場所ナンバーワン!

昨年末、世界最大旅行サイトのトリップアドバイザーが「日本人に人気の海外観光スポット2016」を発表。その栄えあるナンバーワンに輝いたのがカンボジア・シェムリアップにある「アンコールワット遺跡群」でした。「想像以上に大きく、素晴らしかったです」「歴史の深さを実感」「世界遺産の中でも群を抜いて良かったアンコールワット」といった賞賛のコメントが多数口コミに寄せられたと伝えています。

アンコールワット

絶景本やドキュメンタリーなどで見たこともあるアンコールワット。一度は訪れたい場所のひとつですが、ここに来て、本当に人気が急上昇しているのを実感します。ソウルや香港、シンガポールなど定番アジアはひととおり訪れたので、もうちょっとディープなアジアへ。そんなニーズもありそうです。

 

アンコールワットではお坊さんにお祈りをしてもらうことも。

アンコールワットではお坊さんにお祈りをしてもらうことも。

アンコールトム

アンコールトムの中央に位置するバイヨン寺院。

 

 

部長も昨年、原稿のしめきりをぶっちぎり、ふらりとひとり旅をしてきましたが、やはり何度訪れてもドラマチックに出迎えてくれる遺跡群は心震える体験です。観光客が増えた分、以前よりインフラも整いつつありおしゃれなお店が増えていて驚きました。

 

遺跡観光、美食、ホテルライフがリーズナブルすぎて感動!

カンボジアの大きな魅力が物価の安さ。「アジアはどこも物価、安いでしょ?」と思わないで。最近は経済成長も著しくバンコク、香港、シンガポールを筆頭にバリ島、プーケットなどリゾートも物価急上昇。そんな中でカンボジアは宿泊、食事、観光などあらゆるものがまだまだリーズナブル。さらにお酒の関税がほとんどないため関税400%などというタイやマレーシア、インドネシアと比較してワインやシャンパンなどが安いのが魅力。シェムリアップでぜひ、訪れたいのがキュイジーヌ ワット ダムナック 。「アジアのベストレストラン50」にランキングされたこともあるガストロノミー。

 

キュイジーヌワットダムナック1キュイジーヌワットダムナック2

 

現地クメールの食文化にインスパイアされつつフレンチのテクニックでニューウェイヴの料理を提案。5コースで27ドル、6コースで31ドル。この値段で世界トップクラスの味が楽しめるのがカンボジアの醍醐味です。

 

また、滞在中の足となるトゥクトゥクもシェムリアップ市内であれば2~5ドル程度。タクシー気分で利用。1日チャーターすれば広大なエリアに点在するアンコールワット遺跡群をホッピングすることも可能。目安はおよそ1日15ドル前後です。

 

トゥクトゥク

 

それでは、カンボジアへのフライト、ホテルはどうすれば?次のページで詳しくお伝えします!

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


To Top