日本各地にある”文化人の足跡”で、歴史に思いを馳せてみる【関東・東海編】


春ですね~。

おでかけ気分が盛り上がりますね。

今月の「おでかけに便利な記事まとめ」は、文化人にゆかりの地。

これまで、おでかけ女史組メンバーが紹介してくれたブログには、たくさんの文化人ゆかりの地がありました。散策が気持ちいい季節柄、文化人の足跡を巡ってみるのもいいですね。

 

では早速いきましょう。

 

◆【東京都大田区大森】村岡花子

NHK朝の連ドラ「花子とアン」で吉高由里子さんが演じ、一躍有名になった、翻訳家の村岡花子さん。東京都大田区にある大森周辺は、村岡花子さんの足跡を辿ることができます。山梨県甲府市出身の村岡花子さんですが、福音印刷支社長の村岡敬三さんと結婚され(ドラマでは鈴木亮平さんでしたね)、大森新井宿に新居を構えました。それから晩年、75歳までを過ごしたのが、大森です。花子さんが御用達だった、老舗の海苔店などもあるんですよ。

 

花子とアン〜村岡花子さん(赤毛のアンの翻訳者)の住んでいた大森・馬込文士村を散策
アン

 

◆【東京都文京区本郷】樋口一葉

本郷で暮らしていた樋口一葉。本郷には、当時を偲ばせる建物が、街並みに解け合って保存されているんですよ。文京区本郷は東京大学があることで有名ですが、かつては学者や文人が数多く住んでいた街。行く先々でたくさんの住居跡のプレートを見つけることができます。写真は、樋口一葉が住んでいた家の前にあった井戸。こうして、今でも見ることができるのです。

 

樋口一葉ゆかりの地、文京区本郷の路地裏散歩

樋口一葉

 

◆【東京都台東区上野】森鴎外

上野不忍池のほとりに、森鴎外の旧居跡「鴎外荘」があるのをご存知ですか? 水月ホテルに保存されている鴎外荘は、森鴎外の旧居。今から130年前に宮大工によって建てられ、森鴎外が新婚当時を過ごし、処女作の『舞姫』などを執筆した邸宅です。土蔵造りの「蔵」、文学サロンの趣を伝える「於母影」、そして和室「舞姫の間」があり、現在は特別な日のお食事やコンサートなどに利用されています。

 

上野の「鴎外荘」で十三夜お月見の夜
※このイベントは過去に開催されたものです

森鴎外

 

 ◆【東京都町田市鶴川】白洲次郎・正子

二人が1943年から都会の喧噪を離れて家族と過ごしていたのが、東京都町田市の鶴川にある「武相荘(ぶあいそう)」。当時のままの母屋がミュージアム、工作室がレストラン、 離れがバー、ガレージがカフェとなり一般公開されています。白洲家のレシピで作られるカレーは必食です。

 

白洲次郎・正子夫妻の世界を訪ねて「武相荘」に
白洲次郎

 

次は、東京都の外へ足を伸ばしましょう

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


To Top