沖縄聖地の旅その2 那覇とその近郊の聖なる場所巡り

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

沖縄聖地の旅その2

那覇とその近郊の聖なる場所巡り

 

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

今月は、沖縄の聖地巡りの旅をご案内しています。

前回に引き続き、那覇とその周辺で見つけたお気に入りの場所をご紹介しましょう。

 

お気に入りの場所

その1 壺屋やちむん通り

 

「やちむん」とは、沖縄の言葉で焼き物のこと。壺屋は地名で、ここで産する陶器を「壺屋焼」と言います。今から約330年前、琉球王府が各地に散らばっていた陶工をここ壺屋に集めたのが、壺屋焼の歴史のはじまりです。

吉田_沖縄2-1

有名な観光エリア「国際通り」から徒歩10分くらい。焼き物の店や窯元が立ち並んでいますが、わたしはある時から、もう器は増やさないと決めたので、店は簡単に流すだけ。壺屋焼は素朴な味わいでとても素敵なので、じっくり見ている、とまた買いたくなって困りますからね。

吉田_沖縄2-2

ではここで何をするのか。それは街歩きです。やちむん通りとその周辺には、石畳、石垣、赤瓦の屋敷、など、昔ながらの雰囲気を残す場所が多く、迷路のようなスージグヮー(沖縄の言葉で路地のこと)を歩いているうちに、ふと不思議な世界に入り込んでしまうような感覚があります。古くからのウガンジュ(地域の人が神に拝むための拝所)もありますが、そこだけでなく、このエリア全体に、土地の神の気配が濃厚に漂っている気がします。

吉田_沖縄2-3

それほど広いエリアではないので、地図を見ないで、足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩く方が、いろいろ発見があって楽しいです。わたしは、旅するときはいつもカメラを持って、道端にある仏様や神様の像を撮影しているのですが、ここ、沖縄ではシーサーに目が吸い寄せられます。

吉田 沖縄シーサー組吉田 沖縄シーサー組

シーサーとは「獅子」、つまり、本土で言うところの狛犬とルーツを同じくするものです。狛犬は、神社やお寺に祀られることが多いですが、シーサーは、個人の家や屋根、通りなど、ありとあらゆる場所に祀られます。家や人、集落に災いをもたらす悪霊を追い払う意味があると言われます。これだけたくさんのシーサーがあるということは、沖縄には、そこら中に悪霊がいるということ?それでもやっぱり、シーサーに守られているから安心安心。

 

壺屋やちむん通りの情報はこちらにあります。

http://www.tsuboya-yachimundori.com/

 

次のページでは首里城周辺のご紹介です。

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第49回
沖縄聖地の旅その2 那覇とその近郊の聖なる場所巡り

To Top