「重要文化財 旧三井家下鴨別邸」が昨年10月から一般公開に

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。京都検定2級。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

昨年10月から一般公開された「重要文化財 旧三井家下鴨別邸」

 

 

「下鴨神社」の南側、閑静な住宅地に位置する大きな邸宅。そこはかつて三井家の人々が集った別邸です。近年、その建物および庭園の価値が見直され、修復事業が行われ、昨年10月に一般公開される運びになりました。

小原誉子旧三井家下鴨別邸

 

小原誉子旧三井家下鴨別邸

 

そもそもこの「旧三井家下鴨別邸」は、大正14年(1925)に、三井家十一家の総領家である三井北家の第十代三井八郎右衛門高棟が手掛けた別邸です。

 

明治42年(1909)に三井家の祖霊社である「顕名霊社(あきなれいしゃ)」を、蚕の社(かいこのやしろ)の名で知られる「木嶋神社(こしまじんじゃ)」から下鴨の地に遷座。その参拝に際し、一族の人々が休憩し寛げる場所にと造られたのが、この別邸なのです。

 

主屋の建物は、かつて木屋町三条にあった明治期の別邸を移築。「五山の送り火」や鴨川の流れをはじめ、周囲の山々の眺望を楽しむために望楼もある三階建。その後、玄関棟などを増築し、現在見られるような大規模別邸の姿になりました。

 

戦後の財閥解体を受け、昭和24年から国に譲渡され、昭和26年から平成19年まで「京都家庭裁判所」の所長宿舎として使用されていたのです。今も裁判所の敷地に隣接しています。
下鴨エリアに住む人々の間では、「この森の中に、立派なお屋敷があるらしい…」と、昔から噂されていたそう。

 

そして平成23年には重要文化財指定に。京都府、京都市による修復工事の後、ついに昨年10月から一般に公開され、「こういう建物があったんだ~」と、地元の人たちも初めて知ることになったのでした。

小原誉子旧三井家下鴨別邸

 

次ページに続きます。

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第36回
「重要文化財 旧三井家下鴨別邸」が昨年10月から一般公開に

To Top