陰影を操って印象引き上げ! リアルな立体感を生み出すイプサの新発想パレット


イプサのロングセラーアイテムが、「デザイニング フェイスカラーパレット」として、さらに進化して生まれ変わります! 今回着目したのは、色ではなく

 

“陰影”を描くこと。

 

イプサ1

「光を感じるには、影が必要なんです」と説明してくださったのは、イプサ代表取締役社長 兼 CEOの宮澤雅之さん。

 

 

のっぺり見える、輪郭がぼんやり、仕上がりが不自然…。そんな顔立ちにメリハリを与えるのが

 

 

“陰影”。

 

陰影を重ねることでリアルな透明感やツヤ、そして立体感を際立たせるとして、今回の製品が開発されたのだそうです。

イプサ2

スクリーンには彫刻の写真が映し出されました。確かに!! 陰影がある右の彫刻のほうが、奥行きやメリハリをリアルに表現していますよね。

イプサ3

今回登場するのは、微差な15種のパレット。「チーク」「ハイライト」「シェーディング」「パーフェクティング」の4つのパウダーが、最適な陰影バランスを計算してセットされています。

イプサ4

微差な15種だからこそ、自分に合う色選びがとても重要。そこで、肌測定器イプサライザーでほほの肌色、くびの色、さらに血色感をチェック。1人ひとり違う「肌色」×「血色感」にぴったりな4色セットを導き出します。

 

次のページに続きます。

第91回
陰影を操って印象引き上げ! リアルな立体感を生み出すイプサの新発想パレット

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top