くすみ=肌の悪酔い? アスタリフトが提案する、新たな美白へのアプローチ

プロフィール写真

ふみっちー

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

お酒も肌も、悪酔いはしたくない〜!

春らしいパステルカラーが似合う肌を

目指して、早速お手入れ始めなくちゃ♪

年齢とともに似合う洋服の色が変わってきた…。「まさにその通り!」という人は多いのではないでしょうか?

アスタリフト3

富士フイルムでは、その原因は

 

肌のくすみ

 

にあることに着目し、独自の視点から新たな研究を開始したんですって。

アスタリフト1

ギャップカラーのワースト1位は「赤」、2位は「パステルピンク」、3位は「パステルブルー」。そうそう、ふみっちーも赤を着ると何だか顔写りが悪い感じで、ここしばらく着てません。若い頃はよく着ていたんだけどなぁ。

アスタリフト2

真皮の色味を肌を傷つけることなく断面画像で可視化する独自の技術を開発したという富士フイルム。年齢を重ねるにつれ、肌のくすみは深刻になっていることがデータ上でも明らかに! そしてこの原因には、アルデヒドが関係していると突き止めたそうですよ。

アスタリフト4

アルデヒドとは、身体の不調や病気を引き起こす化学物質。お酒を飲み過ぎたときなどに起こる悪酔いは、アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドの濃度が高くなることで発生します。

アスタリフト5

そして真皮のくすみを引き起こすのは、紫外線によって発生するアクリルアルデヒド(アクロレイン)。富士フイルムでは、これをくすみアルデヒドと名付けています。

 

アルコールを飲んで肝臓内に発生したアセトアルデヒドは、ALDH2という酵素によって分解・無毒化されるのですが、この酵素は肌にも存在し、研究を進めることで、くすみアルデヒドを分解することも確認できたのだとか。

 

お酒が弱い人は、遺伝的にALDH2の活性が弱い人です。飲むとすぐに赤くなっちゃうふみっちーは、まさにこのタイプかも? また、強い人でも、ALDH2は働き続けると活性が弱くなってしまうことがわかっているそう。

 

新製品は、次のページでご紹介します!

第123回
くすみ=肌の悪酔い? アスタリフトが提案する、新たな美白へのアプローチ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top