大人にも堂々と読んで欲しい!  10代向け専門書は、親切で的確

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

 

いずれ読もうと思っているのになかなか手が出ない本、再読しようと思いながらなんとなく機会を逃している本。みなさんにもそういう本があるのではないでしょうか。

 

私の場合、仕事柄新刊を追いかけがち。当然“読むつもり本”は増える一方です。
でも最近、“残りの人生を考えたら、読むつもり本にもっとガンガン行かなきゃ!”と思うようになりました。

 

 

でもまあ、ついつい後回しになってしまうわけで。
そんなとき、偶然見つけた本が『夏目漱石、読んじゃえば?』。
このタイトルが目に飛び込んできたのは、今の気持ちを解きほぐすような言葉だったからだと思います。

書評_photo

奥泉光著 漫画・イラスト/香日ゆら
河出書房新社 ¥1300(税別)
「自分で世界を作り、それを自分で面白がる。それが小説の面白さなんだ」――奥泉流の小説の読み方を伝授しつつ、柔軟な発想で漱石の魅力を解き明かした本。「(『草枕』は)美しいという感覚がふんわり伝わればいい」「坊っちゃんは孤独なコミュ障」「『こころ』というタイトルは『こころが読めない』という意味」など、「え?」と思わせながらぐいぐい論を進めていく

 

 

私は高校・大学時代、小説だけでなく関連本にも手を伸ばすほど漱石が大好きでした。
でもいつの間にかご無沙汰してしまい、その期間が長くなった結果、夢中になった理由すら何だかあいまいに……。

 

 

もう一度読み返せばあの頃の自分に出会えるだろうし、新たな発見もあるはず。
そう思いながら果たせずにいたのは、少々申し訳なさみたいなものを感じていたからかもしれません。
“昔なぜあの人を好きになったのか、ぼんやりとしか思い出せなくなった”みたいな!?(笑)

 

 

そんなふうにぐだぐだ考えていたからこそ、「読んじゃえば?」と呼びかけられたとき(実際そう言われた気分になった)、素直な気持ちになれたのだと思います。

 

 

もしかしたら私は、漱石と再び近づくきっかけを待っていたのかな。

第16回
大人にも堂々と読んで欲しい!  10代向け専門書は、親切で的確

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top