三浦しをんさんによる、現代版『細雪』には 豊かで気負わない暮らし方のヒントが

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

だいぶ前のことになりますが、今年初めのとある土曜日。私は33年ぶりに、青春時代を過ごしたなつかしい場所を訪れました。

それは、都内の緑の多い一角にある女子寮。そこが取り壊されることになり、有志の呼びかけによって、年齢の近い卒寮生たちが集まることになったのです。

 

 

 

会場に入るなり、かつて二人部屋で一緒だった後輩が飛びついてきてくれたのには感激しました。彼女とは20数年ぶりだったのに、まるで昨日も会っていたように話が弾み、その他の先輩、同級生、後輩ともしゃべり出したら止まらない!
周囲には同様の風景が繰り広げられていましたが、何だか不思議な気がしたのも事実です。
「寮にいたのは長い人でも4年間。卒寮して何十年も経ち、みんないろんな経験をして多少なりとも変わったはずなのに、なぜあの頃と同じような会話ができるんだろう」と。

 

 

 

会は盛況のまま終わりに近づきましたが、最後にある先輩がこんなことをおっしゃいました。
「年齢を重ねるにつれて、今後の暮らし方を真剣に考えるようになったのだけど、すごくいいアイディアを思いついたんです。ひとり暮らしの卒寮生が集まって、シェアハウスを作るというのはどうでしょう。若い頃に同じものを食べて、同じ場所で暮らした人たちって、基本的に安心できる。性格は違っても、馴染みやすいはずと考えているんです」

 

 

 

「なるほど!」と思いました。そして私が抱いた「なぜあの頃と同じような会話ができるんだろう」という疑問も、その先輩の言葉に答えがある、と。
つまり“同じものを食べ、同じ場所で暮らした人たちへの安心感”なんですね。これは理屈ではなく、経験者の感覚なのかもしれませんが……。

 

 

とはいえ、日々の忙しさに紛れてそのことをすっかり忘れていたのですが、三浦しをんさんの小説『あの家に暮らす四人の女』を読んで、改めて“血のつながりがない人たちと暮らすこと”について、いろいろと考えさせられました。
そうそう、本の中に前述の先輩と同じような言葉が書かれていたのには驚きましたね。四人の女のひとり、多恵美が思いを述べた箇所ですが

 

「佐知と雪乃と鶴代は、多恵美にとってあいかわらず家族でも恋人でも友だちでもなかったが、強いて言葉にすれば『身内』に変じたのかもしれない。一年以上、ほぼ同じものを食べ、ほとんど同じ空気を吸って寝た。つまりは体の組成が似てきたはずで、多恵美は自分たち四人を、未開の地で特別な習慣のもとに生活する部族みたいだと感じるようになっていた」

 

山本さん_IMG_0696

『あの家に暮らす四人の女』
三浦しをん著 中央公論新社 ¥1500(税別)
文豪・谷崎潤一郎没後五十年の今年、代表作『細雪』と同じく、主要人物を女性4人にして書かれたメモリアル作品。東京・杉並の古びた洋館に住む女たちの日常には、時折思いがけない出来事が起こる。謎の老人の活躍、ストーカー男の気配……何があっても、彼女たちはにぎやかに生きていく! 新しい“家族”の形についても考えさせられる、今どきの女たちの物語

 

 

 

だから結論としては、

“家族以外の人たちと暮らすってあり。気の合う女たちで暮らすのも、もちろん大あり!”

です。

 

 

 

 

『あの家に暮らす四人の女』の気になるストーリーは次のページへ!

 

第17回
三浦しをんさんによる、現代版『細雪』には 豊かで気負わない暮らし方のヒントが

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top