「カクちゃん」と「ほむほむ」が考える 男と女の感覚の違いって!?

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

気の置けない友人とのおしゃべりはいつも楽しいものですが、「男って」「女って」という言葉から始まる「男論」「女論」は、以前と比べると減ってきた気がします。

 

 

 

推測するに、年齢や経験を重ねるにつれ、「男女の違いより個人の違いのほうが大きい」と感じるようになったから?
「言ってもしょうがないかな。お互い変わらないんだし」みたいな気分もあるかもしれません。

 

 

でもでも。

 

角田光代さんと穂村弘さんが男と女についてとことん考えた『異性』を読むと、「性差というものはやっぱりこんなにもある!」と痛感するし、「この違いって何? どうやって埋めればいいの?」と考えてしまう。
そして「こんなにも面白くて永遠不滅のテーマを、今一度誰かと語り合いたい」という気持ちになるのです。

書評_photo

『異性』
角田光代・穂村弘
河出文庫 ¥530(税別)
男と女。ひかれあうのになぜこうもわかりあえないのか? 作家と歌人が考える感情移入の男女差、もてる人に共通する“スペース”、男の勲章、女の勲章とは。「私の男だから面倒をみてやらねばならない。面倒をみたのであるから私の男である」という角田さんの文章に納得、苦笑!?

 

 

 

1967年生まれの角田さんは、『八日目の蝉』『紙の月』などの著書がある売れっ子作家。旺盛な執筆力でも知られますが、どの作品もレベルが高く、ourage世代のファンも多いのではないでしょうか。

 

 

一方、62年生まれの穂村さんは、現代短歌を代表する歌人のひとり。

 

「終バスにふたりは眠る紫の
<降りますランプ>に取り囲まれて」
『シンジケート』より

 

という歌をご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

斬新な彼の作品は「ニューウェーブ短歌」とも言われますが、斬新なのはエッセイも同様。読むたびに「そんな見方、気がつかなかった!」という驚きがあり、クセになるような面白さがあります。

 

 

 

といったおふたりだから、「内面か外見か」「別れた人には不幸になってほしいか」「好きだから許せる」or「好きだけど許せない」などのテーマで、手紙をやりとりするように意見を交換した本書が面白いのは当然。
旧知の仲ではあっても「え、男って(穂村さんって)そんなこと考えていたの?」「え、女って(角田さんって)どうしてそんな反応をするの?」と驚きながらテーマを深めていく過程は私にとっても発見に満ちていて、文字通りページをめくる手が止まりませんでした。

 

 

 

「テーマを深めていく」と書きましたが、例えば「別れた人には不幸になってほしいか」というお題の場合。
「しあわせになってほしい」「別れたあとで相手がしあわせだったらくやしい」「どうでもいい」「不幸だと何となく後味が悪い」などの回答が、一般的には考えられそうです。
ちなみに、角田さんの女友だちの七割方は「しあわせになってほしい」、残りの三割は「どうでもいい」だったそうです。

 

 

 

でも角田さんの本音は、ふられた直後だけにしろ“「私がいなくなって以降、彼は生き生きしている」のがいや”。
彼女は自分が少数派であることにショックを受けながら、さらに踏み込んでこう自己分析します。
「……もし私が、こっぴどく自分を傷つけ離れていった恋人の幸福を、無病息災を、家内安全を、恋愛成就を、子孫繁栄を、商売繁盛を素直に願う、すこやかですがすがしい女だったら、小説など書いていないだろう」

 

 

 

つまり「私ってもしかして陰湿?」と落ち込みながらも、「だからこそ私」という気持ちが強い。そしてそんな自分のねちっこい性質(失礼!)、なぜと問い続ける性質が、作品の核につながっていることにも気づいている……。

 

 

 

さっぱり気質の「すこやかですがすがしい女」ではなかったからこそ、作家・角田光代が誕生したんだと思うと、読者としてはちょっと秘密をのぞいたような楽しさがありますよね。

第19回
「カクちゃん」と「ほむほむ」が考える 男と女の感覚の違いって!?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top