アスタリフトの新提案! ダメージコラーゲンを一掃して、ハリ・うるおい肌へ 


2007年に誕生、サイエンスに裏付けされた数々の化粧品を生み出してきたアスタリフト。10年目を迎えるこの節目に、高機能化粧水がさらにパワーアップしてリニューアル発売となります。

アスタリフト1

富士フイルムの視点だからこそ発見できたのは、「サヨナラすべきコラーゲン」もあるということ。

 

写真フイルムには超高品質なコラーゲン原料が必要で、原料の約50%にコラーゲンが使われています。その品質を保つために、富士フイルムでは創業以来80年以上にわたってコラーゲン研究を続けてきています。

アスタリフト2

そんな独自の研究から、今回着目したのが劣化したコラーゲン。

 

朝起きたときに気づくシーツや枕などの「寝跡」ライン、時間が経ってもなかなか元に戻らない「めがね」や「マスク」、「頰杖」のライン。これらの原因には、肌内部のコラーゲンにあると考え、従来のコラーゲンを補う、産生力を高めるという発想から、コラーゲン劣化のメカニズムを解明する研究をスタートさせたのだそうです。

 

アスタリフト3

そして写真分野で培った画像解析技術により、正常なコラーゲンが加齢や紫外線、肌ストレスなどの影響を受けて断片化し、細くほつれた状態となって肌の奥深くに蓄積していることを確認。この断片化したコラーゲンを富士フイルムでは「ダメージコラーゲン=ダメコラ」と命名。部屋に舞うホコリのように、そのままでは目に見えないくらい小さなものなんだそうです。

 

それほどまでに小さいけれど、溜まることによってコラーゲンの産生力を抑制してしまい、肌のハリや弾力を失わせるだけでなく、ハリや弾力を回復させる働きまでも奪ってしまうことを突き止めました。

アスタリフト4

この対策として、肌本来の代謝メカニズムにも着目。線維芽細胞にはこのダメコラを取り込んで分解する働きがあるそうですが、「Endo180」というタンパク質が存在しない線維芽細胞だと、ダメコラの取り込み・分解が著しく低下しまうのだそう。「Endo180」も、加齢や光老化によって減少してしまいます。

 

そこで、「Endo180」の産生を促すことが、新たなコラーゲンが生まれやすい肌環境に導くという結論に至り、アスタリフトが新たに開発した成分が…。

 

詳しくは次のページでご紹介します。

第72回
アスタリフトの新提案! ダメージコラーゲンを一掃して、ハリ・うるおい肌へ 

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top